FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第40回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    諫山実生「恋花火」
    NHK教育・ミニ音楽番組「みんなのうた」8 ~ 9月 オンエアー曲

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「地球に乾杯」テーマ音楽 [羽毛田丈史]

  3. 第 3 位 ( △ )
    day after tomorrow“Starry Heavens”

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「武蔵」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [エンニオ・モリコーネ]
    ♪1位 1週、登場15週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK教育・教養番組「NHK人間講座」テーマ音楽 [篠原敬介]
    ♪ETV講座 番組テーマ音楽の中でも美しい楽曲。


 FM長野は『開局15周年』を迎えました。開局記念日の 1日は、長野市・IVYスタジオから「FM長野 開局 15周年記念番組・小林克也 RADIO MAGIC!」を生放送。私はIVYスタジオまで行ってきました。長野市 南千歳にある元 守谷商会ビルが IVYスクエア として生まれ変わり、南千歳公園に面する一角に設置されたのが「IVYスタジオ」です。

 私は、DJの小林克也 さんと、ガラス越しで約 2メートルほどの至近距離に陣取って、正午からの開始 1時間ほど視てきました。窓越しに小林克也 さんと会釈なんぞしちゃいました(笑)。小林克也さんの挙動を じっと見ていましたが、スタッフから小林克也さんに渡したお弁当を、そのままスタジオの床に置いてしまったのには、少々驚きました。さすが DJの神様です(笑)。

 IVYスタジオには、熊谷正・FM長野 常務取締役が詰めておられ、自らディレクターを担当してキュー振りをしていました。熊谷 常務(兼 放送部長)は、かつて城達也 氏の「ジェット ストリーム」でディレクターを担当していた事があります。TOKYO FMグループの連結子会社である、株式会社エフエム サウンズから松本に来られました。

 小林敬二 前副社長から引き継ぐ形で、現在 FM長野の今後の運命を決める番組編成の最高責任者です。開局当時の「マイハタ」「サタステ」ラインから 熊谷 常務の編成ラインが、最近では 浸透してきている感じがします。古くからのリスナーである私としては、開局当時からのフォーマット と 人材を まず大切にしながら、番組開拓にチャレンジして欲しいと願っています。

 現在 松本本社スタジオが改修中ですので、この開局 15周年記念番組は、長野市のサテスタである IVYスタジオから放送された様です。長野エフエム放送には、ここ信州の地でFM音楽放送を続けてもらい、20周年・30周年記念の時も、健康でリスナーであり続けたいと念願しています。FM長野 開局 15周年おめでとう ございます。

 1996年 4月を除きこの 15年間、FM長野 生ワイド パーソナリティを担当しているのが 大岩堅一 アナです。JFN加盟局の中でも最長記録を更新しています。第2位は「JOGU歌謡ヒットチャート」“J‐POP COUNTDOWN”など長年ヒットチャート番組を担当し、既に退職された広島FMの 永田潔 元アナだと思いますが、いかかでしょうか?


(追記) 広島FMの永田潔 アナ と FM長野の大岩堅一 アナ、お二人共に退社されました。社員アナとしての生ワイド パーソナリティ担当年数を、所有している放送資料により計算すると、大岩 アナが約 18年、永田 アナが約 15年となっています。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2003年10月03日 の週間選曲リスト と『 FM長野 開局15周年 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。