FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第39回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    諫山実生「恋花火」
    NHK教育・ミニ音楽番組「みんなのうた」8 ~ 9月 オンエアー曲

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「地球に乾杯」テーマ音楽 [羽毛田丈史]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「武蔵」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [エンニオ・モリコーネ]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    day after tomorrow“Starry Heavens”
    ♪転調に やや難があるが和声が際立っている。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    day after tomorrow“These Days”
    NBS フジ・ドキュメンタリー番組「奇跡体験!アンビリバボー」エンディング テーマ曲


 「チャート」は、流行音楽の順位表だけに限りません。元々チャートとは、船舶 航海の際に重要な役目を果たす「海図」の事です。受験参考書に「チャート式」と称するものがあり、その受験参考書の表紙に 昔は、海図の絵が描かれていたのです。他にも日曜 夜8時のNHK大河ドラマでは、テーマ音楽が流れるタイトルバックなどに、チャートの一種を見つける事ができます。

 テレビドラマに関して、出演する俳優達の紹介順は、俳優の格付けを示す「チャート」を意味しています。NHK大河ドラマの場合、その「チャート」の権威は高いものがあります。1画面に 1人だけ名前がクレジットされる俳優を「ピンクレ」と呼び、一枚看板 とも称されています。主役の次からのピンクレは、何番手と呼ばれ ドラマを支える中堅俳優の格付けになります。

 但しクレジット順の真ん中あたりに、ポツンとピンクレが出た場合「中トメ」と言って 高格付けになります。一番 重要なのは、最後に「ピンクレ」で紹介される俳優たちのグループ。通称「トメG」と呼ばれます。さらに その「トメG」の中で、最もラストに紹介される俳優、通称「トメ」は 最重要です。私は この「トメ」が、主役よりも重い最高俳優だと考えています。

 また大河ドラマでは、最後から 2番目に紹介される俳優「トメ前」より、トメGで最初に紹介される、トメGトップのほうが、格付けが高いと判断しています。今年放送の大河ドラマ「武蔵」の場合、藤田まこと・渡瀬恒彦らが「トメ」を獲得。エピソードに出演した俳優として最高の格付けを受けています。このブログでは、具体的に次の通り整理してみました。

 2003年 NHK大河ドラマ「武蔵」21日 放送・第38回「決闘!巌流島」タイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 市川新之助 → △ 堤真一 → 米倉涼子 → △ 内山理名 / ○ 寺島しのぶ / ○ 松岡昌宏 → △ 宮沢りえ / ○ 宇津井健 → △ 夏八木勲 → △ 寺田農 → △ 中村玉緒 → ○ 中井貴一 → ◎ 渡瀬恒彦 … となっています。

 タイトルバック・クレジット(配役発表)序列の中から、ピンクレ(1画面に 1人だけ配役が紹介される)俳優のみを抽出して、格付け対象としました。タイトルバックの画面表示では、俳優表示のリズム や 区切り方にも意味があり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは 独自な格付けをしています。

 このブログでは、権威ある「俳優のチャート」である、NHK大河ドラマや、国民的人気を博したテレビドラマのタイトルバック・クレジット(配役発表)序列を、今後 随時ご紹介していきたいと考えています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2003年09月26日 の週間選曲リスト と『 クレジット順 ドラマのチャート 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。