FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第578回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    CS時代劇専門チャンネル・時代劇「大岡越前」テーマ音楽 [山下毅雄]

  2. 第 2 位 ( △ )
    井手綾香「飾らない愛」
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「今夜は心だけ抱いて」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「軍師官兵衛」テーマ音楽 [菅野祐悟]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    CS時代劇専門チャンネル・時代劇「眠狂四郎無頼控」テーマ音楽 [渡辺岳夫]
    ♪ラストに流れるテーマ音楽の和声と調性は抜群なものがある。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Foster The People“Coming of Age”
    ♪オルタナティブ・ロックに類するが G.のカッティングは実に解りやすい。


 FM長野は、この春は目立った自社制作番組の異動がありませんでした。開局25年半を経過したFM長野は、午後のワイドが3年目、朝のワイドが8年目に入っています。

 隣県の県域民放FM局「岐阜エフエム」(大垣市)では、経営改善に血が滲む様な努力をしてきましたが、どうしても約3億円の債務超過を消化することが出来ず、開局(2000年)以来続いてきた「岐阜エフエム放送株式会社」を解散し、新たに「株式会社エフエム岐阜」を設立して放送事業を継承しました。

 岐阜エフエムは、マスメディア集中排除原則のラジオ4波特例として、岐阜新聞社の支配を受けていました。ところが、筆頭株主は 中日新聞社(23・2%)と妙なタスキ掛け状態になっていたのです。

 あくまでも私見ですが、岐阜エフエムが中日新聞社の傘下に入っていれば、この様な破綻処理は なかったと思われます。新会社のエフエム岐阜は、中日新聞社・岐阜新聞社が一気に抜け、JFNとFM愛知・FM東京主体の株主構成となりました。

 また中京エリアでは、2010年 9月に閉局した外国語FMラジオ放送局“RADIO-i”に代わって、今月からInterFM名古屋が開局しました。その番組編成は、東京のInterFMと全く同じであり、開局当初は 名古屋制作の番組が皆無で、まさに放送番組の同一化を先取りした形態となっています。

 総務省が提示した、放送ネットワークの強靭化に係る周波数の割り当て・制度整備に関する基本的方針や、同省諮問機関である「放送政策に関する調査研究会」がまとめた放送番組の同一化の考え方は、今後のラジオ放送の重大なガイドラインです。FM長野には、リスナー本位の穏やかな自社制作を期待しています。


 FM長野 自社制作番組リスト
 (敬称略 ・【 】内は整理順位)


 2014年 4月 現在

  1. 【1】echoes
       月 → 木 1600 ~ 1855
       小林新・渡辺麻衣子・田中利彦・なるみ・小出真保・唐木さやか・湯澤かよこ

  2. 【2】Oasis 79.7
       月 → 木 0730 ~ 1000
       伊織智佳子

  3. 【3】Good morning radio!
       金 0730 ~ 1049
       小林新

  4. 【4】Vitamin Marche
       月 → 木 1500 ~ 1549
       佐々木香代・高寺直美

  5. 【5】346 GROOVE FRIDAY!
       金 1600 ~ 1900
       三四六

 開局時(1988年10月)から 26年間の全リストは、ブログの Basic List に掲載しています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2014年04月11日 の週間選曲リストと『 FM長野 2014春改編 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。