FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第626回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「昨夜のカレー、明日のパン」テーマ音楽 [阿南亮子]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    女王蜂「ヴィーナス」
    テレビ東京・ドラマ24「怪奇恋愛作戦」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  4. 第 4 位 ( △ )
    Bryan Adams“Run To You”
    スズキ テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    鈴木常吉「思ひで」
    SBC MBS・ドラマ「深夜食堂3」オープニング曲
    ♪1位 2週、登場18週。


 NHKがラジオ放送を開始してから 90年になりました。NHKでは、毎年 放送記念日が巡ってくると特別番組を放送しています。その中でも忘れられない放送記念日特番は何か? と問われれば、私は、海外ドラマ「エド・マロー ~ テレビを変えた男」(NHK総合・1991年 3月21日・本放送)と即答します。

 ドラマが始まる前に「これは、草創期の米国テレビ界で、ニュース・キャスターとして活躍し、真実に迫る勇気と誠実さで、今も 米国放送ジャーナリズムのヒーローと言われている男の物語である。」とクレジットが出ます。

 そのクレジットにもある通り、1950年代の米国テレビ界で活躍し、放送ジャーナリズムの創始者である エド・マロー(Edward R. Murrow)の生涯を描いた単発海外ドラマです。

 ドラマは冒頭、第2次世界大戦下の1940年にナチスドイツがロンドン大空襲した時、エド・マロー 特派員による全米に向けた有名なラジオ実況生中継のシーンから始まります。

 そして戦後に物語が移ります。テレビ時代に入った米国社会では、米ソ冷戦時代となり、スパイ摘発の名の元に下院 非米活動委員会を利用した「マッカーシー旋風」が、魔女狩りの如く吹き荒れるのです。

 政治的恐怖から米国内マスコミも沈黙していた そのマッカーシー旋風に対して、緻密な取材と冷静なレポートにより、エド・マローは どこよりも早く真実を報道します。

 そのきっかけとなった 1954年 3月 9日のCBSニュース“SEE IT NOW”が制作・放送される過程を、ドラマでは克明に描いています。このたった1回 30分のニュース番組放送から、一気に米国社会は 再び言論の自由の流れを取り戻しました。

 エド・マローは、シカゴ特捜隊ヒル・ストリート・ブルースのDaniel J. Travanti(山本圭)。エド・マローの相棒的プロデューサーであるフレッド・フレンドリーは、Edward Herrmann(津嘉山正種)が演じています。

 劇中では、当時の米国テレビ・ラジオ番組が たくさん登場します。そのテレビ・ラジオ番組のテーマ音楽・CMソングが、ドラマの劇伴音楽の役割を果たしています。

 ドラマでは、放送ジャーナリズムが どの様に形成されていくのか? 現代にも通用する示唆があります。

 エド・マローには、CBS会長のウィリアム・ペイリー(Dabney Coleman・鈴木瑞穂)の全面的なバックアップがあり、また利潤主義を貫き エド・マローと対立しながらも、一目置いていた CBS社長フランク・スタントン(John McMartin・田中信夫)のサポートもあった点です。

 ドラマには ペイリー会長が、煙草卸しを仕事にしてた頃、ラジオが好きで経営者の親や甥に内緒でラジオ番組のスポンサーになり、それがきっかけで ラジオ局を買い取り、全米ネットワークの放送事業に進出していく経緯を、エド・マローに話すシーンがありました。

 ラジオが好きで、そして放送自体が好きだという若き日々の思いがあるからこそ、放送ジャーナリズムを根底から理解でき、ペイリー会長がCBSを率いて、当時のエド・マローを支えていたと理解出来ます。

 最近私は、YouTubeで、当時の“SEE IT NOW”を視聴する事が出来ました。ドラマでも描写されていますが、この“SEE IT NOW”が放送されていたスタジオは、実に不思議な構造なのです。

 テレビスタジオの副調整室に当時の大型カメラを持ち込み、スタッフも調整卓も そのまま映して、エド・マローは、隅にあるデスクからアナウンスをしていました。

 そのスタジオには“CBS-TV CONTROL ROOM STUDIO 41”と銘が付いており、現代のワーキング・ニュース スタジオの原形を視る様な斬新さを感じました。

 テレビジャーナリズムの理想を懸命に模索しながら 現実でなく真実を選択した、エド・マローの伝記というべき この素晴らしい海外ドラマは、全編を放送資料として、MPEGファイルで保存しています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2015年03月20日 の週間選曲リストと『 エド・マロー ~ テレビを変えた男 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。