FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第625回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    女王蜂「ヴィーナス」
    テレビ東京・ドラマ24「怪奇恋愛作戦」オープニング テーマ

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「昨夜のカレー、明日のパン」テーマ音楽 [阿南亮子]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    鈴木常吉「思ひで」
    SBC MBS・ドラマ「深夜食堂3」オープニング曲

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    Bryan Adams“Run To You”
    スズキ テレビCMソング
    ♪長野地区では 再び頻繁にCMが流れている。


 最近久しぶりに経済書を読んでみました。そのタイトルは「21世紀の資本」( Capital In The Twenty‐First Century )。フランス人の経済学者 トマ・ピケティ( Thomas Piketty )が著しています。日本を始め現在 38の国で翻訳・刊行され、総部数は 160万部と、世界的なベストセラーとなっています。富と所得の変動を、歴史的な観点から分析したものです。

 「21世紀の資本」では、特に先進国において高所得を稼いでいる上位 10%の人達が占める、国民全体の所得に対する割合の分析が注目されています。日本の場合、全所得の上位 10%の人々の国民全体の所得に対する占有率は、1990年の段階で 30 ~ 35%でしたが、近年では 40%近くにまで達し、不平等を被っている人々が増加しているそうです。

 日本は低成長経済が続いており、全所得の上位 10%の人々による この様な所得の寡占状態が続けば 格差社会は拡大し、残りの 90%の社会的立場は ますます弱者のグループに類してしまうと示唆を続けます。さらに上位 10%グループの資本の蓄積増加率が、国民の所得の伸びよりも速く、逃げ場のない格差拡大のパワーになってしまうと論じています。

 「21世紀の資本」は、現代社会の格差の基因を、経済分析の核心に戻して考え始める時期に来ていると解き、これらの数字との取り組みを拒絶したところで、それが最も恵まれない人の利益にかなう事など、まず有り得ないと結んでいます。私も読んでみて、やはり世界の所得そして富は、上位 10%のグループに集中しつつあるという推論に合理性がある印象を受けました

 しかし、その 10%のグループは、全員同じメンバーが 永遠に維持される訳ではなく(笑)人間の寿命より圧倒的に短いスパンで、峻烈な利潤至上主義による「入れ替え戦」(笑)があるはずで、そこには富を謳歌する余裕さえ、高度な情報化社会では許されないのかも知れません。富の寡占こそ、地域紛争より広大な武力闘争の原因となる懸念を訴えるべきだと思いました。

 身近な視点から考察すると、例えばラジオ・テレビの広告媒体のターゲットは「21世紀の資本」的に言えば、この90%のグループに間違いないはずです。しかし、広告媒体に所得格差を意識した働きかけが、どうも欠けている感じがします。特にFMラジオでは、消費性向を 10%グループへの憧憬に結び付けた、単純なイメージ戦略のみが根になっている印象も受けます。

 もはやマルクス経済理論なんぞは、世界史上 最も犠牲者を出した経済学として、ソ連 そして カンボジアで悲惨な実証結果が出ており、今となっては 修正主義での延命しか道はありませんが(笑)資本主義社会に生きる人々にとって、蔓延する利潤至上主義を超えた、血の通うモラルに立脚する新しい価値観が必要な時代は、既に到来している様です。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。