FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第70回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・報道番組「JNN報道特集」テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    笹川美和「金木犀」
    SBC TBS・ドラマ「新しい風」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    NBS 東海テレビ・ドラマ「永遠の君へ」劇中効果音楽 [椎名KAY太]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    RYTHEM「万華鏡キラキラ」
    TSB 日テレ・ドラマ「光とともに・・」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Avril Lavigne“Don’t Tell Me”
    ♪ヴォーカルの力感がポップな曲調とマッチした洋楽佳曲。


 私は、ちょうど1988年 9月に FM長野の試験電波(試験放送)を聴いた事があります。アナウンスは、確か所澤久美子 アナの声だと思います。

 それから1991年 4月に小県郡 東部町(現・東御市)のほうへ仮引越し。同年12月から長野市に移りました。ですから私のFM長野リスナー歴は、開局2年6ヶ月後の1991年 4月からという事になります。

 仮引越ししてた際に確認したのですが、東御市 滋野聖は 美ヶ原の電波が真っ直ぐ減衰せず到達し、日本一(笑)FM長野がクリアに聴ける地域です。

 先日 FM長野を、開局の頃から聴いているリスナーの方にお会いしました。

 開局当時は、夕方の自社制作番組「マイ・ハーティ・タイム」にも葉書が少なかったそうです。裏で放送していたNHK-FM長野局の「6時のジョッキー」のほうが人気はあったとか(笑)色々な話を伺いました。

 最近のFM長野 自社制作番組に関しては「リスナーのリクエストに応えているのではなく、DJ・スタッフのリクエストに自分で答えている」と手厳しい意見もありました。

 現在放送しているパーソナリティ・スタッフで「マイ ハーティ タイム」や「サタデーときめきステーション」を実際聴いていた方は少数だと思います。

 日帰りでFM長野へやってくるスタッフの方にとって番組制作のモデルは、やはり実際聴いていた東京のFM局の番組とならざるを得ません。開局当時からのFM長野リスナーさんとしては、こう言った手厳しい意見が出るのだと思います。

 しかし「マイハタ」や「サタステ」も開局当時に大阪や東京のラジオ局の番組をモデルとして制作されました。要は どの時代でも、リスナー本位の番組制作をしているかどうかが問題なのです。


 長野県 長野市は 県内民放4社と、大災害の際に市長の要請があれば災害関連情報を放送を通じて流す「放送要請に関する協定」に締結・調印しました。

 協定に参加したのは、SBC信越放送(ラテ兼営)・NBS長野放送・TSBテレビ信州・ABN長野朝日放送の4社で、残念ながらFM長野(長野エフエム放送)が はいってません。

 FM長野の本社がある松本市も、既にこの民放4社とだけ災害時放送協定を結んでいます。FM長野も単営の県域民放ラジオ局なのですから、報道機関として この様な災害時放送協定締結の動きに、積極的な対応をし参加すべきだと思います。


(追記) 2005年 3月28日に FM長野(長野エフエム放送)は、本社所在地である松本市と、災害時のラジオ放送要請に関する協定を結びました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2004年05月07日 の週間選曲リストと『 FM長野の試験電波 試験放送 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。