FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第15回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「武蔵」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [エンニオ・モリコーネ]

  2. 第 2 位 ( △ )
    Linkin Park“Somewhere I Belong”

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    宇多田ヒカル“COLORS”
    トヨタ自動車 テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ER ~ 緊急救命室」テーマ音楽 [Martin Davich]
    ♪ブルーベースの美しいタイトルバックと、打ち込み技巧抜群なテーマ音楽。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    奥田民生「まんをじして」
    NBS フジ・シュチエーション コメディ「HR」主題歌
    ♪1位 1週、登場 8週。


 多国籍軍とイラクとの戦争が終結しました。

 当初 多国籍軍は米国軍が中心となり、イギリス軍やオーストラリア軍に加え、ポーランド・ルーマニア・韓国・モンゴル・アルバニアなどが参戦し、軍事同盟的要素の稀薄な連帯を保っていたため、精鋭部隊である共和国防衛隊なとの頑強な抵抗が予想されていました。

 しかし、開戦直後から多国籍軍がイラク全土の制空権を掌握。共和国防衛隊の装備も空爆で無力化され、地上戦はフセイン政権軍劣勢のまま、首都・バグダッド近郊まで一気に戦闘が拡大。9日には イラク国営放送がテレビ・ラジオ共に「停波」しました。

 イラクの様な独裁的中央集権国家において、国営放送の放送電波が停まるという事は、国家存廃にかかわる重大なシグナルを意味します。独裁国家を維持するためには、ラジオ・テレビ放送による徹底的な国内プロパガンダが必要なのです。

 ナチス政権下の「ドイツ帝国放送協会」。スターリン政権下の「ソ連テレビラジオ放送委員会(モスクワ放送)」さらに文化大革命時代の「中央人民広播電台(北京放送)」など 歴史は物語っています。

 また独裁を保つためには、概して「鎖国政策」を用いる場合が多く、外国向け放送はもちろん隣国で傍受されると想定される国内向け放送も含めて、国営放送は国家の対外宣伝の最も重要な手段となります。

 例えばカンボジアのクメール・ルージュ(ポルポト政権)は、実効支配が山岳地帯の一部になってもラジオ放送を続け、ポルポト派が完全消滅する数日前に やっと停波しました。

 どんなに劣勢になっても毎日続けてきたのが自派のラジオ放送でした。独裁政権にとってプロパガンダができるラジオ・テレビ放送は、それ自体 独裁政権の心臓の鼓動を伝えている事に他なりません。

 そのシグナル通りイラク国営放送が「停波」した翌10日、あの強気一辺倒で連日 記者会見を続けてきたサハフ 情報大臣が、突然 姿を見せなくなりました。

 そして米国を中心とした多国籍軍がバグダッドに進駐。フセイン 大統領の銅像を引き倒す民衆の姿が生中継され、イラク・フセイン政権の崩壊は確認されたのです。アジス 副首相も現在行方不明になっています。


(追記) アジス 元副首相は、26日に米国軍へ投降し拘束されました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2003年04月11日 の週間選曲リストと『 イラク・フセイン政権崩壊 と 国営放送停波 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。