FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第825回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    My First Story“With you”
    トヨタ自動車 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    Toshi「幸せのちから」
    テレビ東京・金曜8時のドラマ「記憶捜査 ~ 新宿東署事件ファイル」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「刑事ゼロ」劇中効果音楽 [横山克]

  4. 第 4 位 ( △ )
    NHK総合・NHKスペシャル「平成史スクープドキュメント」テーマ音楽 [千住明]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    YEN TOWN BAND“Swallowtail Butterfly ~ あいのうた”
    ライオン テレビCMソング
    ♪転調に楽曲としての生命が宿している。


 史上最低の大河ドラマとの危惧がありましたが、視だしてみれば面白い作品です。但し世帯別リアルタイム視聴率(関東地区)は、15・5 → 12・0 → 13・2 → 11・6 → 10・2と低落傾向が続き、早くも大河ドラマとしてのデットラインです。ただ こうなる事は 事前に解っていたらしく、NHKサイドも今回視聴率を気にしないと大見得を切っています(笑)。 

 私が気になるのは、リアルタイムよりも タイムシフトの方です。今まで大河ドラマとして高い数値をマークしていた、タイムシフト視聴率が奮わない傾向も見られます。後日録画再生してまで視る価値がないとの判断が、タイムシフト視聴率の低さに現れているとなると、朝ドラ「あまちゃん」の様に、後半盛り上がってくるとのNHKサイドの皮算用が微妙になってきます。

 視聴率推移だけをみれば、大河ドラマを ずっと視聴してきたコアな視聴者層は どんどん離れており、新規の視聴者が 開拓されていない様に見えます。今週の第5回放送で、ストックホルム五輪予選会のシーンを、まるで箱根駅伝の様に(笑)順位 と 現在位置を画面表示し、美濃部孝蔵役の森山未來が実況したのには、面白さを感じたのですが、数字には結びつかなかった様です。

 私個人としては「いだてん ~ 東京オリムピック噺」は、予想以上に面白い作品です。宮藤官九郎は、今まで やった事は ないであろう(笑)史実の調査を行った上で、シナリオを書いているそうで、ストーリーの仕掛けが 相当練り上がっています。ただ過去の作品を学ぶ事なく、放送文化としての大河ドラマを否定している事は 自明の理で、そこに人気低下の起因があるのです。

 金栗四三 役の六代目 中村勘九郎は、大変よくやっており、NHK大河ドラマでなければ(笑)相当面白いドラマとの評価を受けるはずです。私は 先代 中村勘九郎(勘三郎)主役の「元禄繚乱」が、あまり人気が出ず評判も芳しくなかったのが、討ち入りから人気が急伸した事を思い出しました。宮藤官九郎脚本「いだてん ~ 東京オリムピック噺」の今後の展開に期待しています。

 2019年 NHK大河ドラマ「いだてん ~ 東京オリムピック噺」3日 放送・第5回「雨ニモマケズ」のタイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ ビートたけし / ○ 中村勘九郎 → 綾瀬はるか → 生田斗真 → 杉咲花 → 中山絢斗 → 勝地涼 / △ 森山未来 → 神木隆之介 → 橋本愛 → 荒川良々 → 峯田和伸 → 川栄李奈 → 松尾スズキ → △ 小泉今日子 / △ 中村獅童 → △ 田口トモロヲ / ○ 杉本哲太 → △ ピエール瀧 → △ 小澤征悦 → △ 古舘寛治 → △ 白石加代子 → △ 竹野内豊 → ◎ 役所広司 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に 1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや 区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。 / は 表示間隔を示しています。無印 → △ → ○ の順でランクは 上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは 独自な格付けをしています。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、5日に 45万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとうございます。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。