FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第824回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    My First Story“With you”
    トヨタ自動車 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「刑事ゼロ」劇中効果音楽 [横山克]

  3. 第 3 位 ( △ )
    Toshi「幸せのちから」
    テレビ東京・金曜8時のドラマ「記憶捜査 ~ 新宿東署事件ファイル」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [Josh Kramon]
    ♪1位 5週、登場11週。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・NHKスペシャル「平成史スクープドキュメント」テーマ音楽 [千住明]


 近年ネットでは、視聴率を詳細に紹介するサイトがたくさん出来ていましたが、殆どが機能しなくなっています。調査会社のビデオリサーチ社が、上位番組を除いて個別の視聴率を漏らさなくなったからです。視聴率という数値は、ビデオリサーチ社の著作物です。ですから ビデオリサーチ社が公開しない視聴率を書き込むサイトは、著作権の侵害に当たります。

 このブログで視聴率を紹介する場合は、必ずビデオリサーチ社が公開し報道された番組の数値を、間接的に引用しています。ただ私は、このビデオリサーチ社の考え方に強い疑問を持っています。テレビ視聴率 と ラジオ聴取率は、我が国の社会調査たる基礎統計です。本来ならば 公的な機関が調査を実施し、その結果は 総て公開するのが本義です。

 現状の視聴率・聴取率調査は、未だ社会調査として成熟していません。また別の角度から考察すれば、視聴率・聴取率調査が番組改編の重要な資料になっている以上、データは 放送の受け手である視聴者に提示されてこそ、放送事業会社の情報公開に資すると考えます。営利目的の私企業が、一手に視聴率・聴取率調査を独占している現状には、疑問を呈さざるを得ません。

 首都圏ラジオ聴取率調査の場合、ビデオリサーチ社か公開している数値に「セッツ イン ユース(SIU)」があります。セッツ イン ユースとは、調査期間における全局聴取率の事で、放送を受信しているリスナーの割合を示します。そのセッツ イン ユースが、最新調査で 5・2%と、最早広告媒体として機能しないデットライン寸前まで下がってきているのです。

 メディアでは、radiko の人気を伝え、ワイドFMの普及などラジオメディアの復権を伝える記事がありますが、セッツ イン ユースの低落傾向には、全く歯止めがかかっていません。その原因としては、旧態然としたオーディエンス・セグメント編成や、パーソナリティが 自己中心な放送内容に終始し、それに合致したリスナーの当て嵌めを行っている事に他なりません。

 これでは 100人の内 5人が、ラジオのスイッチをいれても、残り 95人は ラジオのスイッチを入れず、あるいはラジオすら所有しようとしない現状追認になってしまいます。いくらスマホのアプリでラジオを聴ける様にしても、セッツ イン ユースを上昇させるパワーには、なかなか結びつきません。要はハードでなく ソフトの改善なのです。

 我が家のチボリ ラジオは、だいぶ前に購入したもので、ワイドFMは 入りません。ただ短波・長波も受信出来るスーパーラジオ“SONY ICF-SW11”を所有しており、FMが 108MHzまで受信出来ます。そのスーパーラジオを使って、SBC信越放送ラジオの高ポッチ補完FM局からの放送を聴いてみましたが、あまり受信状態が良くありませんでした。

 それは、FM長野 と NHKーFMを聴くために、垂直偏波で送信している松本中継局に屋外FMアンテナを合わせているため、方向が違う高ポッチ補完中継局は、マルチパス扱いになってしまうからです。チボリ ラジオを買い替えれば、もっと良好に受信出来るかも知れませんが、魅力を感じませんでした。この様な気持ちが、セッツ イン ユースとして累積されている気もします。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。