FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第858回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Tempalay「そなちね」
    テレビ東京・ドラマ25「サ道」エンディング テーマ

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    にゃんぞぬデシ「勘違い心拍数」
    テレビ東京・ドラマ24「Iターン」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( △ )
    GLAY“into The Wild”
    スバル テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「盤上の向日葵」劇中効果音楽 [佐久間奏]
    ♪P.に和声を感じさせる旋律も美しい劇伴佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    OKAMOTO’S「新世界」


 大河ドラマ史上最低の視聴率を記録してしまいました。8月25日 第32回「独裁者」の視聴率が僅か 5・0%と、制作スタッフの責任問題が必至となっています。そこから少し盛り返して 22日 第36回「前畑がんばれ」は 7・0%でしたが、年間平均を論ずるまでもなく、もはや「いだてん」に、大河ドラマとしてワースト作品の烙印を押されるのは確実です。

 ただ私個人の意見ならば「いだてん」は、上質で面白いと思います。毎週欠かさず視ています(笑)。ただ何十年も大河ドラマを視続けている私としての意見となると「いだてん」は、大河ドラマとして失格です。以前 2008年の「篤姫」で、シナリオに歴史感が欠けていると酷評した事がありましたが「いだてん」には、歴史感そのものが存在しないのです(笑)。

 間違いなく言えますが、脚本の宮藤官九郎は、日本史 そして 世界史の勉強が大嫌いだったに違いありません(笑)。まるで一夜漬けでテストの赤点回避の様な(笑)知識が垣間見えてしまいます。今回の放送でも、まだ戦前の描写なのに、台詞に国会という語彙が出てきました。開設の詔で國會と呼称されても、あくまでも国会は戦後の呼称であって、戦前は 帝国議会なのです。

 そして宮藤官九郎は、落語が大好きだと言う事も、簡単に理解できます(笑)。NHKから好きな様にシナリオを組み立てていいと、御墨付きをもらったからだと思いますが、自分の偏狭な興味をオリンピックと強引に結びつけてしまっては、長年の大河ドラマ視聴者に強い違和感を覚えさせ、結局 視聴習慣を切ってしまう事は自明の理なのです。スタッフの責任は 免れ得ません。

 せめて今後の大河ドラマは、歴史の勉強が大嫌いだったシナリオライターには、脚本を担当させないで欲しいものです(笑)。今回の様な人選が続けば、大河ドラマがぶっ壊れる(笑)事に繋りかねません。宮藤官九郎が所属している大人計画には、いい役者が沢山揃っているのに、連座して今後の大河出演が難しくなってしまうなら、こんなに残念な事はありません。

 ただもう一度言いますが、通常のテレビドラマとしてならば「いだてん」は 面白いです。受信料をとらず、CMを付けて民放で放送していたらと思いますが、NHK総合の日曜夜 8時では、全く通用しませんでした。やっちまった感(笑)だけは、大河史上最高の宮藤官九郎脚本「いだてん ~ 東京オリムピック噺」が、予定の最終回まで放送が続く事だけを(笑)期待しています。

 NHK大河ドラマ「いだてん ~ 東京オリムピック噺」22日 放送・第36回「前畑がんばれ」のタイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ ビートたけし / ○ 阿部サダヲ → ○ 中村勘九郎 → 桐谷健太 → 斎藤工 → 三浦貴大 → 大東駿介 → 上白石萌歌 / 杉咲花 → 仲野太賀 / △森山未来 → 神木隆之介 → 橋本愛 → 荒川良々 → 峯田和伸 → 川栄李奈 / △ トータス松本 → きたろう → イッセー尾形 / ○ リリー・フランキー → △ 三宅弘城 → △ 皆川猿時 → △ 塚本晋也 → △ 薬師丸ひろ子 → ◎ 役所広司 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に 1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや 区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。 / は 表示間隔を示しています。無印 → △ → ○ の順でランクは 上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは 独自な格付けをしています。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。