FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第857回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Tempalay「そなちね」
    テレビ東京・ドラマ25「サ道」エンディング テーマ
    ♪編曲は Tempalay。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    にゃんぞぬデシ「勘違い心拍数」
    テレビ東京・ドラマ24「Iターン」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    安藤裕子「鑑」
    BSテレ東・土曜ドラマ9「W県警の悲劇」主題歌

  4. 第 4 位 ( △ )
    OKAMOTO’S「新世界」

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    GLAY“into The Wild”
    スバル テレビCMソング


 あの都道府県別対抗戦的な番組(笑)を視ていないからか、みのもんた 氏の姿をテレビから見掛けなくなりました。AbemaTVで担当していた配信番組は 6月で終了となり、ラジオからもレギュラーが無くなってしまいました。例の(笑)水道メーター会社があるので、食うには困らないと思いますが、みのもんた 氏が姿を消していくと、なぜか一抹の寂しさを覚えます。

 テレビに出まくっていた全盛期から去り行く存在なのに、とても今の状態が気になるのは、みのもんた 元QR文化放送アナウンサーが、私にとって 洋楽の師匠 だからなのです。小学生の頃に聴いた「オール ジャパン ポップ20」で、洋楽に興味を持ちました。当時のDJが、みのもんた アナ と 高橋小枝子 アナで、ランキングに入っていた曲が、私の洋楽の原風景なのです。

 オール ジャパン ポップ20 は、火曜会(地方民間放送共同制作協議会)制作による、日本最大のヒットチャートと自称するほどの番組でした。全国の民間放送 31社(当時)に寄せられたリクエストなどのデータを、コンピューターで集計してベスト20を発表します。全国歌謡ベストテンの洋楽版で、順位の他に 3桁から 4桁の得点も独自に放送していました。

 そして後から気づいたのですが、地方局など正味 1時間フルで放送していたバージョンは、21位から 40位までのランクも紹介していました。ですからオール ジャパン ポップ20では、全国歌謡ベストテンより 10曲多いランクを集計していたのです。ただ当時私が日曜日の午前 11時から聴いていたQR文化放送のバージョンでは、20位までの発表でした。

 テーマ音楽は、The Monkees “Star Collector” のイントロ・間奏部を使っており、20 ~ 11位を 初登場・上昇曲を中心にオンエアー。10 ~ 4位までは 全曲、そしてベスト3は「AJP~ナンバースリ~」とサウンドステッカー付きで流れていました。そして番組のジングルよりも印象深い「みのみの~もんた、みのもんた、パッ♪」は、今でも忘れられません(笑)。

 聴いていた頃は、音楽チャート番組にも係わらずラジオドラマ的な要素があり、みの アナ と 高橋 アナがシチュエーションを毎週変えて軽く演じながら、20位から発表していくという風変わりなフォーマットでした。きちんと台本が存在していたと思います。要所で演じながら、得点や各局の順位まで紹介してカウントダウンするのですから、ふたりの技能は凄いものです。

 あの頃のQR文化放送の女性アナウンサーは、高い演劇センスを有する方が多く、同じくオールひらがな(笑)な、いぬいみずえ アナは、洋楽番組「カム・トゥゲザー」で、みの アナとの掛け合いが抜群でした。高橋小枝子 アナも そんな演劇センスを有するひとりです。オール ジャパン ポップ20の様なドラマテイストの構成は、とても普通の女性局アナに勤まりません。

 高橋小枝子 アナは、近年まで地元AMのニュース番組で声が聞けましたが、なんとQR文化放送女性アナで初の定年退職をされたそうです。そのパーティには、みの 氏も出席したという逸話が伝わっています。オール ジャパン ポップ20は、みの・小枝子時代の後、タレントDJが担当していきますが、やはり黄金期は、みの・小枝子の局アナコンビでした。

 私が洋楽に目覚めたのは、The Beatles が解散した後でした。Wings “Jet” そして John Lennon “Mind Games” 。好対照の 2曲が、オール ジャパン ポップ20の上位を席巻していました。そのベスト20のランキングを、なぜか小学校国語の学習帳を横書きにして、辿々しいカタカナ表記で記録していたのを、今でも覚えています(笑)。

 オール ジャパン ポップ20は、小学から中学の時期のみリスナーで、中学からは、全米トップ40や、在日米軍放送FENへ移ってしまいました。されど私の洋楽の師匠は、みのもんた アナであり、高橋小枝子 アナなのです。当時の「オール ジャパン ポップ20」は、本当に楽しい洋楽チャート番組でした。みのみの~もんた、みのもんた、パッ♪ バイバイ~バイバイ~♪


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。