FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第880回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Creepy Nuts「オトナ」
    テレビ東京・ドラマ24「コタキ兄弟と四苦八苦」オープニング テーマ

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「麒麟がくる」テーマ音楽[ジョン・グラム]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    BSテレ東・ドラマ「今夜はコの字で」テーマ音楽[石塚徹×SomaGenda×鈴木俊介]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Billie Eilish“No Time To Die”
    ♪ヴォーカルが器楽和声を有しているかの様な佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「螢草 菜々の剣」劇中効果音楽[Evan Call]


 新型肺炎(COVID―19)の世界的流行は、とどまるところを知らず、出現地である中国はもとより、韓国・イタリア・イランなどで、大流行の様相を呈しています。日本国内でも 6日現在の感染者数は、1074人と「流行曲線」は、パンデミックの方向へ、鋭いカーブで増加を見せ始めました。ウイルスの感染力 そして 潜伏期間の長さは 尋常でありません。

 2月27日には、政府が全国の小中高校に対して、実質春休み終了時までの休校を要請。過去類例の無い方針発表に衝撃が走りました。また 2月28日になると、流行が進む北海道では、緊急事態宣言と称し、外出を総じて控える様に道民へ要請しました。専門家会議もここ 2週間がバンデミック進行か否かの大きなヤマ場になるとの見解ですが、感染者は 全国で現れています。

 FM長野や TOKYO FMでも、主催・後援のイベントが片っ端から中止になっており、スポーツの世界でも、新型肺炎感染対策として、相撲・プロ野球・競馬などが無観客での興業を行うと決定されました。特に中央競馬・地方競馬は、戦後初となる「無観客開催」を実施。ウインズ(場外勝馬投票券販売所)でも、払い戻し業務を含めて閉鎖となっています。

 無観客開催で、甚大な売り上げダウンは 必至だろうと思ったのですが、意外にも 29日・1日の中央競馬は、通常開催から平均 7 ~ 8割の売り上げを確保しました。インターネット・電話での勝馬投票だけの売り上げで、そのレベルまで達したとの事です。これには 正直驚かざるを得ませんでした。いかにインターネットでの馬券販売が浸透しているかを物語っています。

 そう言えば公営ギャンブルの斜陽から、バタバタと地方競馬場の廃止が続いていたのですが、ある時期から廃止の連鎖がピタリと止みました。そして売り上げが V字回復していったのです。その時期とは、インターネットによる馬券販売開始と符合します。各地方競馬場も赤字を解消し、潤沢になった資金を元手に、老朽化した施設を改修し、地方競馬場が整備されています。

 インターネット販売は、全国が対象になります。今回の様な新型肺炎対策による無観客開催になっても、ある程度の収益を確保出来るという訳です。この構図は、公営ギャンブルに留まらず、プロスポーツ全体に認識が浸透しつつあります。ネット・テレビ放送の中継があれば、別に観客の有無は、興業の成否に関係ない(笑)という、怖ろしい本質に気付かされたのです。

 観客の興奮や歓声がなければ、プロスポーツの存在意義がないと思うかも知れませんが、競馬のネット売り上げを、近年莫大な金額になりつつあるテレビ中継の放送権料に置き換えれば、成立しないとは 言い切れないはずです。今回の新型肺炎ウイルスから、無観客に対応出来ない競技は 淘汰の可能性まである、ネット時代のプロスポーツの在り方への影響を思い知らされています。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。