FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第354回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    いきものがかり“YELL”
    第76回 NHK全国学校音楽コンクール 中学校の部 課題曲

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    indigo blue「My Wish ~ マイ ウィッシュ」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」10 ~ 11月 オンエアー曲

  3. 第 3 位 ( △ )
    NBS フジ・木曜劇場「不毛地帯」メインテーマ [坂本龍一]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    石川智晶“First Pain”
    NHK教育・アニメ「エレメントハンター」主題歌
    ♪不思議なビブラートはかかるがアニソンとして佳曲。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    aiko「あの子の夢」
    NHK総合・連続テレビ小説「ウェルかめ」主題歌
    ♪とにかくタイトルバックは個人的に素晴らしい。


 アメリカのオバマ 大統領が来日し、滞在 23時間というハードな日程をこなしました。14日には、ご在位 20年を迎えられた天皇皇后両陛下との昼食会に出席しています。その時 出迎えられた天皇皇后両陛下に、ご挨拶したオバマ 大統領を視て驚きました。最敬礼なのです。

 国際儀礼的な観点から、世界ただひとり のエンペラーに対して当然との声もあります。ですが あれだけ深いお辞儀を、両陛下へしてくれたオバマ 大統領に、私は大変好感を持ちました。

 動画映像からは、全く自然で問題ありません。ところが一番深くお辞儀をした「瞬間」の写真を、AP通信は全世界に配信。その写真からFOXテレビなど保守派メディアの間に波紋が広がっています。

 背景にあるのは、オバマ 大統領への米国内で吹く逆風です。米国にはない国民皆保険制度を実現しようという医療保険改革問題や、アフガニスタンへの兵力増派問題などで数多くの反発が起こり、逆風渦巻く原因となっている様です。

 国連安全保障理事会議長としてのワンスピーチで、劇的にノーベル平和賞を獲得した事にも、祝福ムードより政治的早熟さへの懸念が顕在化しています。しかし、リンカーン 元大統領も任期中は、国内に逆風が吹き荒れていたのです。

 親日家の国家元首は、探すのが大変です(笑)。親日家の国家元首が決して存在しないと言う訳ではなく、国家元首たるもの まず自国の権益を守るのが第一義で、経済大国との日本とは、一方的な親しみを積極的に出さないのが普通です。

 ロシアのプーチン 大統領は、柔道家として知られており講道館黒帯の五段です。少年時代に柔道と出会わなければ、不良になっていたかも知れないという話と、KGB(ソ連国家保安委員会)要員として頭角を表すためには、武術としての柔道が必要だったという話が、両論併記されています(笑)。ただプーチン 大統領に、強く親日感情があるのは間違いありません。

 親日家・親日感情のある国家元首が増えていく事は、正直いって外交上も防衛政策上も、極めて有効なプロセスなはずです。国家元首を辞めた後も、来日の際は歓待を継続していく事が重要です。

 ハワイ出身のオバマ 大統領は、アジア政策に関する演説の冒頭、幼少の頃のエピソードとして、母親と鎌倉を訪れた際に食べた抹茶アイス(笑)が忘れられないと語ったそうです。幼い頃から親日家のオバマ 大統領には、頑張って欲しいと、エールを贈りたい気持ちが起こってきます。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2009年11月20日 の週間選曲リストと『 オバマ大統領の最敬礼 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。