FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第353回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    いきものがかり“YELL”
    第76回 NHK全国学校音楽コンクール 中学校の部 課題曲

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    indigo blue「My Wish ~ マイ ウィッシュ」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」10 ~ 11月 オンエアー曲

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    真形テルコ「空にアクロス」
    NHK BS2・紀行番組「街道てくてく旅 ~ 山陽道」テーマソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NBS フジ・木曜劇場「不毛地帯」メインテーマ [坂本龍一]
    ♪劇中なかなかフルで流れないが重厚な佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    GIRL NEXT DOOR“Orion”
    abn テレ朝・金曜ドラマ「アンタッチャブル」主題歌


 土曜日まで含めた週 6日、毎朝 15分間 連続ドラマを放送するNHKの「朝ドラ」は、よく考えてみれば 世界のテレビ放送でも珍しい形態のドラマ枠です。「朝ドラ」の原点は何か? やはりテレビジョン草創期の連続ドラマ「バス通り裏」(1958年 4月 ~ 1963年 3月放送)だと思います。但し放送は 夜でした(笑)。

 連続ドラマ「バス通り裏」は、午後 7時15分から 15分間なんと生放送で 1395回もオンエアーし続けました。毎日 夜 NHK 7時のニュースが終わると「小さな庭を真ん中に おとなりの窓 うちの窓」とテーマ曲が流れます。刷り込まれる様に視聴習慣が形成され、国民的大人気を博しました。ヒロインを演じた女優・十朱幸代の出世作と言われています。

 この「バス通り裏」成功により、新進女優をヒロインとする、長期間かつ短時間の連続ドラマのコンセプトが練り上げられました。そして「連続テレビ小説」が誕生しています。1961年の第1作が「娘と私」。1966年の第6作「おはなはん」では、平均視聴率 30%を超え高視聴率の作品が続出し、1983年の第31作「おしん」へ繋がります。

 原作 そして 脚本は 橋田壽賀子。ヒロインを 小林綾子 → 田中裕子 → 乙羽信子 とリレーしていった連続テレビ小説「おしん」は、全 297回の平均視聴率が なんと 52・6パーセント。最高視聴率は 62・7パーセント。紅白歌合戦並みの数字を、毎朝マークし続けたのです。社会的大ブームが、8時15分からの僅か 15分間に旋風となって巻き起こりました。

 私は、この「おしん」本放送をリアルタイムで体験しており、ひとつの思い出があります。その年の春先に私は、酷い風邪を引いてしまい 病院へ通院していました。薬待ちのため 熱で ぼーっとしていた体で待合室の長椅子に座り、何気なくテレビを視ていたのです。映っていたのは NHK総合テレビ。「ひるのプレゼント」が終わった午後 0時45分、まさに その時でした。

 南米民族楽器が奏でる和声 と 見事な調性で完成させた、音楽家・坂田晃一の最高傑作「おしん」テーマ音楽が流れ始めた その瞬間。病院内のあらゆるフロアから人が集まってきたのです。あっと言う間にテレビの前は、大変な人だかり となりました。見ると事務の方もいる、白衣の看護婦さんもいる、さっき診察してくれた内科の先生もいます。長椅子も ギュウギュウ詰めです。

 中には 点滴棒を握りしめ、猫背になりながら立見をしている入院患者までいます。皆んな黙って食い入る様に「おしん」を視ているのです。そして午後 1時ジャスト。ニュースへ切り替わった瞬間、一斉にため息 と 歓声が起こって集まった人々が散っていきました。我が国テレビ放送史上最高の人気ドラマ「おしん」を物語る この光景は、生涯忘れられない思い出です。

 それから 27年経ち現在放送中である第81作のタイトルは「ウェルかめ」(笑)。海亀がテーマとなるカメ好きの私には、まさに画期的な(笑)朝ドラです。私は、昼の再放送を視る習慣が長年続いています。そして広範な国民に浸透した視聴習慣は、一概に消え去るものではありません。往年の勢いが失せてきましたが、まだまだ人気は 根強い「朝ドラ」なのです。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2009年11月13日 の週間選曲リスト と『 おしん 連続テレビ小説 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。