FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第352回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    いきものがかり“YELL”
    第76回 NHK全国学校音楽コンクール 中学校の部 課題曲

  2. 第 2 位 ( △ )
    indigo blue「My Wish ~ マイ ウィッシュ」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」10 ~ 11月 オンエアー曲

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    真形テルコ「空にアクロス」
    NHK BS2・紀行番組「街道てくてく旅 ~ 山陽道」テーマソング

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・報道番組「追跡!A to Z」テーマ音楽 [菅野祐悟]
    ♪1位 3週、登場 9週。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    GIRL NEXT DOOR“Orion”
    abn テレ朝・金曜ドラマ「アンタッチャブル」主題歌


 夏頃の段階では、日本航空(JAL)の経営危機が、これほど深刻だと思ってもみませんでした。当初は アメリカのデルタ航空との資本・業務提携を模索していたはずです。ところが経営危機は、あっと言う間に1日を争う状態になってしまいます。遂に前原 国土交通大臣は、10月30日に官民共同出資の「企業再生支援機構」を活用する支援方針を表明しました。

 この方針によって JALは、事実上 国の管理化に置かれました。ここ松本市にも県営松本空港(信州まつもと空港)があります。その県営松本空港からもJALは、経営再建策として定期路線の全面撤退を表明。空港は存続の危機をむかえています。元々周航便も少なく、私も この 1年近く飛行機が飛んでるのを見たのは 1回しかありません(笑)。

 このJALの経営危機から、FM長野リスナーとして気になるのが“JET STREAM”のスポンサー継続問題です。とにかくラジオ番組を提供しているスポンサーは、経営破綻や危機が発生すると、あっという間に降りてしまいます。私はリスナーとして、この様に番組が打ち切られる例を、イヤというほど体験してきました。

 “JET STREAM”は、TOKYO FM(FM東京)の前身であるFM東海の試験放送時代から続くJFNの看板番組です。後藤亘 TOKYO FM代表取締役会長が、FM東海職員(実験局なので社員でなく職員)の時、自ら企画制作を手掛けています。JALに航空機事故が起きた時も、長期間 提供スポンサーなしで変わらず放送を維持しました。

 民放ラジオ放送では珍しい頑強な編成方針を貫いているのが“JET STREAM”なのて゜す。万が一“JET STREAM”が打ち切られた場合、それはJFN加盟 38局の看板番組を失うだけでなく、貴重な放送文化の破壊になると断じても過言ではありません。また代替番組の企画など、極めて困難なほど“JET STREAM”は 定着しています。

 JALの再建にとって、国際便の乗客数回復は重要な要素です。国際便をイメージしたラジオ番組ですので“JET STREAM”のスポンサー降板や間違っても番組の打ち切りは、あり得ないのではとの淡い希望は持っています。しかし、平日(火 → 土曜)午前 0時のフライトが「減便」になったり「運航短縮」となってしまう不安は消えないのです。

 企業再生支援機構や国土交通省には、JALが 42年間 1社提供しているラジオ番組“JET STREAM”の存在理由を、ぜひとも理解して頂きたく思います。JET STREAM”の歴史は、FMラジオ放送の歴史そのものです。大切な放送文化を守って頂ける事を、開局以来ネットされているFM長野リスナーとして心から願っている次第です。


(追記) 2010年 1月19日、日本航空に対し会社更生法の適用を決定。6月 1日から“JET STREAM”の火曜・木曜 深夜は、イオン(AEON)との 2社提供になりました。2010年 7月から“また日本航空(JAL)の1社提供に戻りましたが、2012年10月から“日本航空(JAL)とセイコーの 2社提供となりました。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2009年11月06日 の週間選曲リスト と『 JAL 再建問題 と ジェットストリーム 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。