FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第708回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「隠れ菊」テーマ音楽 [林祐介]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Cocco「樹海の糸」
    NHK総合・ドラマ10「運命に、似た恋」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    Band Of Skulls“Navigate”
    NHK BSプレミアム・外国テレビドラマ「クイーン・メアリー ~ 愛と欲望の迷宮」挿入歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「BONES ~ 骨は語る」エンドクレジット テーマ音楽 [Peter Himmelman]
    ♪1位 1週、登場 7週。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・土曜時代劇「忠臣蔵の恋 ~ 四十八人目の忠臣」劇中効果音楽 [吉俣良]


 ここ信州は、山々に囲まれ縁遠いラジオ放送なのですが、全国の海岸線に点在する主要灯台には、定時になると観測した気象データをアナウンスする、海上保安庁の船舶気象通報局「灯台放送」がありました。50年以上続いた放送でしたが、先月 30日正午を以て運用を終了し 全局停波しました。その閉局の理由とは、気象通報の役割が インターネットに移ったためだそうです。

 灯台放送は、各主要灯台にアンテナを含めた送信施設があり、周波数 1670・5KHz、出力 50Wで放送していました。普通のAMラジオは、1605・0KHzまでしか受信出来ませんが、茨城に住んでいた頃、私の所有していた通信機型受信機や ソニーのICF―EX5など高性能ラジオでは、海岸線から離れていても受信可能でした。

 このブログでは、一貫して ラジオ・テレビ局とは、国から免許を受けた無線局との認識を示してきました。灯台放送は、AM中波帯に隣接する周波数ながらも、さらに その無線局のイメージに近い放送内容でした。電波の送信は、放送時のみしか行いません。サインオンの後「各局 各局 各局」と 3回繰り返しコールします。この独特なコールは、無線局の一括呼出そのものです。

 そして自局の呼出名称は、灯台名から選ばれています。最新の風向風速・気圧・波の高さなど放送した後で、例えば高知県足摺岬灯台なら「終わり。こちらは あしずり。さようなら。」とコールし 即サインオフします。この最後の「さようなら」は、業務的な船舶気象通報局と思えないほどの哀感があり、送信する灯台に合致した情景さえ浮かんできます。

 最近の灯台放送は自動音声による送信ですが、1980年代頃までは灯台常駐職員が、生放送で行っていました。受信報告書を灯台に直接郵送すると、手作りのベリカード(受信確認証)に、聴いてくれた事への感謝の言葉を添えて、担当の灯台常駐職員から送られてくる、実に粋な時代もありました。本当に隔世の感があります。

 正直に言って私自身も、松本 特別地域気象観測所の最新データページを、携帯にブックマークしてあり、そこから入手しています。また自宅の窓から大きなアンテナが見える、国土交通省 松本砂防事務所の雨量データページもブックマークしてあり、10分おきの更新は、台風や雷雨の時は 重宝しています。今や最新の気象情報は、ネットに頼る様になってしまいました。

 ラジオ メディアにとって、面白い放送、興味を引く放送より、まず「役に立つ放送」こそ満たさなければならない要素なのです。灯台放送が静かにその役割を終えた今、社会にとってのラジオメディア自体の必要性が、どんどん稀薄になっていく気がするのです。灯台放送は、その最も大切な点を教えてくれていました。灯台放送。さようなら。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2016年10月21日 の週間選曲リスト と『 さようなら灯台放送 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。