FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第706回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「隠れ菊」テーマ音楽 [林祐介]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「BONES ~ 骨は語る」エンドクレジット テーマ音楽 [Peter Himmelman]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    George Winston“Longing/Love”
    JT テレビCM音楽
    ♪1位 3週、登場 9週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Cocco「樹海の糸」
    NHK総合・ドラマ10「運命に、似た恋」主題歌
    ♪ドラマに深遠な意味を与えてしまうほどの見事な詞とアレンジの佳曲。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Band Of Skulls“Navigate”
    NHK BSプレミアム・海外ドラマ「クイーン・メアリー ~ 愛と欲望の迷宮」挿入歌
    ♪既成楽曲を多用する劇伴音楽群の中でも際立つオルタナティブ ロックの佳曲。


 3日に スウェーデンのカロリンスカ研究所は、今年のノーベル医学生理学賞を、大隅良典 東京工業大栄誉教授に授与すると発表しました。

  総合テレビでは、ストックホルムの発表とほぼ同時の午後6時34分に「ノーベル医学・生理学賞に 東京工業大学 大隅良典栄誉教授」「細胞が不要なたんぱく質分解するオートファジーの仕組み解明」と 2画面に渡るNHKニュース速報。6時42分には臨時ニュース(チャイムなし)で 瀧川剛史 アナが詳報しました。

 中日新聞社からも 6時45分に一斉でニュース特別便(号外メール)が送信されています。ところが 7時のNHKニュース7は、ノーベル賞受賞のニュースでなく、中心気圧が905hPaまで発達した台風18号のニュースがトップでした。

 そして7時03分に沖縄県 本島地方に大雨暴風・洪水・高潮の「特別警報」が発令されると、チャイム入りニュース速報と共に、武田真一 アナが急迫を告げる緊急アナウンスを行っています。結局ノーベル賞のニュースは、7時12分からになりました。大隅 教授は 電話生インタビューに応じています。

 午後8時からのBSフジLIVE プライムニュースでは、大隅 教授の記者会見を生中継。ロシア問題のディベートを予定していたこの日、ゲストの飯島勲 内閣官房参与と鈴木宗男 新党大地代表が、生中継の最中にワイプで顔取りされていました(笑)。

 その記者会見で大隅 教授は、予め用意された原稿を読み上げていましたが、授賞発表直後に大隅 教授が「3年ぐらい色んな事があったので、これで ようやく終わると思う」とフリーのコメントをされており、ノーベル賞候補になった後の運動の激しさが垣間見えていました。

 8時20分には、首相官邸から安倍 首相がお祝いの電話を、記者会見中の大隅 教授にかけ、そのやりとりが生放送されていましたが、ちょっと段取りがいまいちで噛み合っていませんでした(笑)。

 自然科学系のノーベル賞を日本人学者が受ける場合、いつもなら外国研究者との共同受賞が殆どでしたが、今回は大隅 教授単独の受賞だった点は特筆に値します。日本人の単独受賞は、29年ぶり 3人目になります。

 大隅 教授の研究テーマである「オートファジー」という造語は“Autofuzzy”でなく(笑)“Autophagy”(自食作用)なのだそうです。“phagy”はラテン語に由来します。

 オートファジーとは、細胞が生物の細胞内で蓄えた たんぱく質を分解して再利用する現象です。人類を含めた地球上の生命体は、生命活動を維持するために、たんぱく質をリサイクルし、新しくたんぱく質を造るための素材とする機能を有しているのです。

 生命の最小単位である細胞に、そんな備蓄や再生エネルギーの機能がある事自体、実に深遠な話です。この1点からも エネルギーの再生という現代人類が抱えるテーマこそ、地球上の生命の根幹に立脚した合理的な考え方なのかも知れません。

 ノーベル医学生理学賞、本当に おめでとう ございます。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2016年10月07日 の週間選曲リストと『 2016年 ノーベル医学生理学賞 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。