FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第547回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    SBC TBS・月曜ミステリーシアター「名もなき毒」劇中効果音楽 [横山克]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    AZU“Circles of Life”
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「京都地検の女」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    天野春子(小泉今日子)「潮騒のメモリー」
    NHK総合・連続テレビ小説「あまちゃん」挿入歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「八重の桜」劇中効果音楽 [中島ノブユキ]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「ドキュメンタリー同期生」テーマ音楽 及び 演出効果音楽 [東谷尚]
    ♪和声と調性が整った劇伴を使用している。→ その後 音楽制作者追記済。


 30日 午前0時から「特別警報」が始まりました。特別警報とは、重大な災害が起こる可能性が高まった場合に気象庁が発表する、従来の警報・注意報より高いレベルの警報です。特別警報は「その地域で数十年に一度の現象が予想される場合」のみ発令されます。この特別警報には、従来の大津波警報、噴火警報(レベル 4 ~ 5)緊急地震速報(予測 6弱以上)も含まれます。

 この特別警報開始を受けて、特別警報が発令された県域・広域(首都圏・関西圏など)のNHK総合テレビ・Eテレは、チャイム付きの字幕速報で、特別警報を伝える事になりました。同時に全国の総合テレビ・Eテレ さらに BS2波では、特別警報をチャイムなしで字幕速報し、事態の推移によっては、特別警報に関する特設ニュースも放送します。

 ラジオ第1放送 と FM放送では、特別警報発令と同時に全国へ向けて速報。ラジオ第2放送でも特別警報が発令された県域・広域で速報を行います。FM長野を始めとする民放ラジオ局など、日本民間放送連盟としての特別警報に関するマニュアルは、まだ発表されていませんが、重大な警報のため、緊急地震速報 開始の時と同様に、民放も対応していくと思われます。

 そしてこれは私見ですが、大雨特別警報、暴風特別警報、高潮特別警報、波浪特別警報、大雪特別警報、暴風雪特別警報なども、緊急警報放送(EWS)の運用基準に加えるべきだと考えます。現在の緊急警報放送は、東海地震の警戒宣言や津波警報さらに災害対策基本法第57条に基づく都道府県知事や市町村長からの要請。以上 3種に基準が限定されています。

 特に災害対策基本法第57条に基づく都道府県知事や市町村長からの要請による放送は、1985年の開始から僅か数例しかありません。緊急警報放送とは、速やかに送出されるべきであって、災害情報の高速化・高度化の観点からも、要請を待つという性格のものではありません。この「特別警報」の発令も、緊急警報放送の放送開始基準に加えるべきです。

 今回の特別警報開始で少し気になったのは、その始期です。4月 1日の年度初めではなく、8月30日と ずいぶん中途半端な時期から始まりました。集中豪雨などが多くなる 7月前に開始するのが筋だと思うのですが、現に 7月28日に起きた山口・島根両県の集中豪雨は、特別警報の発令基準に達していたにも係わらず、開始前として発令されませんでした。

 気象庁も その点もう少し特別警報の準備を、早くすべきだったと思います。公共公益性を高く有するラジオメディアでは、緊急地震速報 や J-ALERT さらに特別警報を、やむを得ず放送するといったスタンスではなく、その放送局の存在理由に係わる重大なコンテンツであるといった発想の転換をし、通常番組より優先した迅速な警報放送に努めるべきです。


(追記) 週間放送視聴日記(2018年 7月20日)に、特別警報は究極の気象警報を掲載しました。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2013年08月30日 の週間選曲リスト と『 特別警報 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。