FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第797回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    majiko「ひび割れた世界」
    NBS 東海テレビ・オトナの土ドラ「限界団地」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    家入レオ「もし君を許せたら」
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 未然犯罪潜入捜査」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「そろばん侍 風の市兵衛」エンディング テーマ音楽 [丸山和範]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「西郷どん」テーマ音楽 [富貴晴美]
    ♪まだ奄美歌唱の当てはめに違和感を覚える。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    クレイジーケンバンド「山鳩ワルツ」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」6 ~ 7月 オンエアー曲


 6日から 8日にかけて、西日本の広い範囲で起きた集中豪雨は、大きな被害をもたらしました。気象庁は、この豪雨を「平成30年7月豪雨」と命名しています。スーパー台風が本土を直撃した訳でもなく、全くノーマークの集中豪雨が、西日本を襲いました。 唯一この災害を強く警告していたのが、11府県に発令されていた「大雨特別警報」だったのです。

 【犠牲者 219名 行方不明者 10名 負傷者 364名】

 特別警報は、その地域で数十年に一度の現象が予想される大災害が差し迫っている時にのみ、原則として都道府県単位で、気象庁から発表されるスーパー警報です。NHKの場合、発令された都道府県では、ラジオ第2を含む全波で特別警報を伝えます。また全国には、NHK―FMも含み速報されます。私は、岡山県の特別警報発令を、NHK―FM長野で聴いています。

 特別警報が発令されると、気象業務法 第15条の2で、都道府県や市町村には、対象住民に速やかに伝える法的な義務が生じます。しかし中日新聞によれば 広島市の担当者は、まさか自分の街に特別警報が出るなんて と、特別警報のシステムを全く熟知してなかったかの様なコメントが掲載されていました。これでは、損賠の可能性すら生じます。

 同じく広島県のラジオメディアである広島FM と RCCラジオは、大雨特別警報を迅速に伝えていましたが、その後 最も被害が発生している時間帯に通常番組を続けていました。大雨特別警報は、緊急地震速報と異なり急迫の状態が長時間続きます。繰り返し繰り返し伝える事が、ラジオメディアとしての責務だったはずです。

 結局 広島FMやRCCラジオは、多数の行方不明者が発生した後に、特設ニュースなど番組編成を弄り始めています。これでは何の為の特別警報なのか解りません。気象庁は、特別警報をシャープに発令して、シャープに解除します。新たな甚大被害の発生可能性が無くなったと判断すると、すぐ特別警報を解除します。特別警報が出ている間は、通常番組は止めるべきなのです。

 折しも 5日に総務省で、今後のLアラートの在り方検討会の初会合が開かれました。FM・AMのラジオメディアで Lアラートを、どの様に正確迅速かつ省力化で伝えるのか? 特に局舎が社員無人となる深夜・休日における、ラジオからのLアラート伝達手法についても課題となるはずです。Lアラートには、当然特別警報も含まれます。

 ラジオメディアにとって減災のために必要なのは、事後の感想でなく発災時の情報です。まだ地方自治体の防災担当者やラジオメディアの間には、特別警報を甘く捉えている方や、従来の気象警報と同レベルだと理解してしまっている方も まだ多いのですが、2013年から始まった特別警報は、緊急地震速報や噴火警報も含む究極の警報システムなのです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2018年07月20日 の週間選曲リスト と『 特別警報は究極の気象警報 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。