FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第482回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「Answer ~ 警視庁検証捜査官」劇中効果音楽 [横山克]
    ♪リスト対象は メインテーマと 1劇伴。

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽[吉松隆]

  3. 第 3 位 ( △ )
    菅原紗由理「いつの日も」
    NBS フジ・単発特別番組枠「金曜プレステージ」エンディング テーマ

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK BS1・ドキュメンタリー番組「アスリートの魂」テーマ音楽[林ゆうき]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    平原綾香“NOT A LOVE SONG”
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・おみやさん」主題歌


 21日は、本州横断「金環日食」でした。日本国内の金環日食は、1987年の沖縄以来 25年ぶりですが、本州では 1883年の東北・関東以来 129年ぶりとなります。さらに東京・名古屋・大阪を含む本州横断となると、西暦1080年以来 実に 932年ぶりとなります。

 1987年と言えば 昭和62年。FM長野の開局前年でバブル全盛期。1883年は 明治16年で、明治維新が成熟してきた鹿鳴館落成の年。内閣制度はまだなく太政大臣・三条実美の頃です。

 1080年となると承暦4年。平安時代の後期に入り白河天皇時代。大河ドラマ「平清盛」で伊東四朗 氏が睨みを利かせていた(笑)白河上皇 院政の前段階になります。

 総合テレビのNHKニュース おはよう日本では、金環のリンクがギリギリで繋がりビーズ玉が連なって輝いているように見える「ベイリービーズ」現象を、お隣の長野県 塩尻市から生中継しました。

 またFM長野でも 7時20分から特別番組「追跡 ~ 大陽のリンクを見に行こうスペシャル」を生放送しています。民放地上波テレビ各局も、金環日食が朝のニュースショーの時間に当たったため、金環日食の模様を逐次伝えていました。この日は早起きして、私は テレビ・ラジオの特別番組を視聴していました。

 日食の実況放送と言えば、1936年(昭和11年)の皆既日食が有名で、日本放送協会が、全国27放送局を総動員して、鹿児島から北海道・女満別まで、当時としては画期的なリレー実況を行いました。

 日本のラジオもこの頃全国の放送網が構築され、その放送網が まさに全力を挙げて生放送した大イベントが、この皆既日食の実況放送でした。

 そのリレー実況の合間には、日食観測に関する臨時ニュースを流し、さらに4回に渡って「臨時時報」まで放送したとの記録が残っています。私は 臨時ニュースを視聴した経験がありますが「臨時時報」は視聴した事がありません。

 空を見上げているアマチュア観測者のために、午後1時30分・午後2時20分(鹿児島皆既前)午後3時30分・午後4時30分と、音声で臨時時報を送出したそうです。

 今やネットの時代に入り、世界中の皆既日食・金環日食がライブで視聴できます。されど自分の住んでいる国や地方が、日食の帯に入るとなると、やはり感慨は異なるはずです。

 次の金環日食は、2030年に北海道で視れるそうです。そして2035年には、本州横断皆既日食があります。その時のラジオ・テレビは、どのような特別番組を放送するのでしょうか?


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2012年05月25日 の週間選曲リスト と『 金環日食 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。