FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第171回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    伴都美子「鵺の鳴く夜」
    NHK総合・木曜時代劇「柳生十兵衛七番勝負 島原の乱」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  3. 第 3 位 ( △ )
    ナナムジカ「僕達の舞台」
    SBC TBS・ナショナル劇場「特命!刑事どん亀」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・木曜時代劇「柳生十兵衛七番勝負 島原の乱」劇中効果音楽 [梅林茂]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    つきよみ「涙ひとつぶ」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「京都地検の女」主題歌
    ♪Vl.Vo.で構成する女性ユニットが奏でる豊かな旋律の佳曲。

 今週は 整理済のテレビ番組ビデオテープの中から、NHK土曜ドラマ「憲法はまだか」(1996年11月30日 / 12月 7日・本放送)を視ました。

 近代の史実的人物へ名優達を余す所なく配役し、終戦直後占領下での「日本国憲法」制定の過程を克明に追った 全2回の歴史ドラマです。

 ジェームス三木の書き下ろしで、登場人物が全て実在している点に大きな特徴があります。日本国憲法公布50周年を記念して制作されたこのドラマは、翌年の放送文化基金賞 優秀賞を受賞しており、単発のNHKドラマの中でも異色かつ大変優れた作品です。

 主役の松本烝治・憲法担当国務大臣に 津川雅彦。近衛文麿 元総理大臣:江守徹、吉田茂 外務大臣:鈴木瑞穂、幣原喜重郎 内閣総理大臣:神山繁、芦田均 厚生大臣:佐藤慶 が出演しています。

 さらに 宮沢俊義 東京大学教授:近藤正臣、佐々木惣一 京都大学教授:松村達雄、楢橋渡 内閣書記官長:岡村喬生、入江俊郎 法制局長官:岸部一徳、白洲次郎 終戦連絡事務局長:長谷川初範、美濃部達吉 枢密顧問官:久米明 など荘々たる面々が配役されました。

 音楽は 牟岐礼が担当。エンドロールで流れたテーマ音楽のCl.Vl.P.による合奏曲は、深遠なほど美しく特筆に値します。また そのエンドロールで使用している、終戦直後撮影された子供達のモノクロ写真の構成も 時代を見事に投影しています。

 現行憲法の誕生過程をテレビドラマ化し、客観的に描き出すのは難題です。「憲法はまだか」は、その難題へ挑戦し陥り易い単調な護憲・反戦の視点ではなく、あくまでも中立・冷静に史実を細かく掘り起こしています。

 ドラマでは「芦田修正」とされる憲法 第9条2項の文言「前項の目的を達するため」の極めて深い意味と仕掛けを鮮やかに描き出しました。

 その仕掛けに気付いたGHQ民政局が、憲法草案へ急遽「シビリアン・コントロール(文民統制)」条項を加えさせようとする、政治ドラマとして息を呑む駆け引きも展開します。

 この素晴らしい土曜ドラマ「憲法はまだか」は良い機会ですので、当時の録画テープからデジタル化してDVDに焼きました。

(追記) 紹介した「憲法はまだか」は、その後MPEGファイルで保存を続けています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2006年04月28日 の週間選曲リストと『 憲法はまだか 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。