FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第659回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・ドラマ10「デザイナーベイビー ~ 速水刑事、産休前の難事件」劇中効果音楽 [池頼広]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    城南海 ~ きずきみなみ「月と月」
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・木曜時代劇「ぼんくら2」エンディング テーマ曲 [沢田完]
    ♪タイトルバック映像と深くマッチした、ストリングスの和声が実に美しい佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    上野優華「星たちのモーメント」
    BSジャパン・ドラマ「ワカコ酒」エンディング テーマ


 先日 民放BSの平日帯で放送している、BSフジLIVE プライムニュースを 視ていて気付いた事がありました。番組冒頭に紹介される提供スポンサーが大変多いのです。日中韓首脳会談の帰国直後に安倍 首相が生出演した 8日の放送では、数えてみましたら なんと 15社も提供してました。

 BSフジLIVE プライムニュースは、CNNかつての人気番組“Larry King Live”を模しており、2時間の番組中に何回かストレートニュースは入りますが、毎日テーマを決めゲストを招くディベート番組です。

 民放BS独自の報道番組としては初とも言える成功例となり、番組開始当時からの反町理 キャスターは全権を掌握(笑)する編集長まで兼任。この成功に大きく刺激を受けた他の民放BS局でも、帯の報道番組を相次いでスタートさせています。

 また民放BSの後発局である Dlifeは、数年前に放送された米国テレビドラマを、二カ国語吹き替えと字幕での放送に分けて番組を編成しています。そのDlifeのドラマ放送にも、提供スポンサーが多くの時間帯で しっかりと付いているのです。

 開局15年を迎えた民放BS放送は、伸び悩む地上波のテレビ・ラジオとは正反対に活況を呈しています。番組提供やCMなどによる広告収益は、2010年度からの比較で約2倍以上伸びました。

 地上波に満足しない消費性向の高い40 ~ 50代から多くの安定した視聴者を獲得し、特に民放BS放送が全国統一の番組編成であることから、若年層がインターネットやSNSなどを通じて、視聴内容を共有する新しい形態も生まれてきました。

 それと重要なのは、地上波の様な視聴率調査の呪縛から ある程度 解放されている点です。ビデオリサーチ社は、今年から機械式によるBS視聴率調査(BSパワー調査)を実施していますが、必要以上に制作者を一喜一憂させるほどの拘束はありません。

 BS視聴率調査は、現在のところ地上波の様に地区別調査によって翌日に結果が判明する速報性はなく、月2週間のみを全国調査しています。スポンサーや制作サイドは、真の意味での番組の出来や視聴者からの反響を重視しているのです。

 視聴率調査とは、広義的に世論調査の一種であり当然 統計学的な誤差があります。視聴率調査の標本誤差は、プラスマイナス3%程度に設計されています。

 例えば ある番組は 10・1%、別の番組は 9・9%とした場合、なにか 10・1%の番組のほうが二桁で勝ったかの印象ですが、両番組の勝敗は完全に誤差の範囲です(笑)。

 ラジオ聴取率調査に至っては、調査番組殆どが下限が 0%もあり得る(笑)誤差の範囲に含まれる可能性すら有ります。視聴率や聴取率競争とは、選挙の世論調査の様に実際の投開票で最終的な決着がつかない実に不毛な争いなのです。

 今のところ不毛な視聴率競争が起き得ない民放BS局は、ステーション毎に視聴者のニーズを数字でなく肌で感じ反映させています。

 前述のDlifeは あくまで外国テレビドラマ中心の編成ですが、全国で1地域でも気象警報が発令されると すぐ画面にスーパーで速報します。そのスピードは地上波メディアに決して劣りません。

 民放BS局は、この15年間に編成の工夫を凝らして人気番組を開発し活況を呈しています。その活況の理由とは、地上波が陥った視聴率の呪縛から解放され、視聴者の嗜好のみを純粋に追っている質の高い番組編成にあったのです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2015年11月06日 の週間選曲リストと『 民放BS局の活況 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。