FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第445回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    abn テレ朝・ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」劇中効果音楽 [吉川清之]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    尾崎亜美「愛のはじまり」
    NHKラジオ第1放送「ラジオ深夜便」深夜便のうた

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Shadow behind”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 特殊犯罪潜入捜査」オープニング テーマ

  4. 第 4 位 ( ★ )
    都竹宏樹「青いバス」
    NHK総合・紀行番組「のんびり ゆったり 路線バスの旅」テーマソング
    ♪ラストの小節が心に残る様にアレンジされた佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    やしきたかじん「焼けた道」
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「新・木枯し紋次郎」主題歌


 8月29日に行われた 民主党代表選挙は、野田佳彦 財務大臣が、新代表に選出されました。

 最初の投票は、海江田 経済産業大臣が 1位でした(第1回 得票数:海江田万里 候補 143 野田佳彦 候補 102 前原誠司 候補 74 鹿野道彦 候補 52 馬淵澄夫 候補 24)。

 しかし、上位候補2名による決選投票では 2位 ~ 4位 連合が成立。野田財務大臣が逆転で当選しました。

 【決選投票 獲得得票数:野田佳彦 候補 215 海江田万里 候補 177】

 11時から始まった両院議員総会では、各候補15分ずつの政見演説がありました。野田 新代表は 金魚には なれないドジョウだとか(笑)人気はないから解散はしないとか、息が詰まる様な投開票会場で 2回笑いを取るなど、そのスピーチに他候補と比べて抜群の上手さがありました。

 多くの候補が如才無く 公約の上澄みをなぞっていた中、野田 新代表は 人柄を全面に出した穏やかなスピーチを展開しました。自分をドジョウに例えた宰相は、太政官制に遡っても(笑)初めてです。ある意味 強烈な印象を野田 新代表は残し、直後の投開票に結果となって現れました。

 翌30日には、国会で 内閣総理大臣指名選挙が行われました。

 参議院は、1回目の投票で過半数を取った国会議員がなく 谷垣貞一 自民党総裁との決選投票になり、午後2時08分に最多票を獲得した野田佳彦 民主党代表が、第95代(62人目)の内閣総理大臣に選出されました。

 内閣総理大臣指名選挙の獲得得票数は、衆議院 308票(64・7%)参議院 110票(45・6%)決選投票 110票(45・6% 1位)でした。

 ところが指名の後一気に組閣しませんでした。人事に日数をかけている間は 憲法 第71条の規定により、総辞職した菅内閣が そのまま職務執行内閣として残ります。

 東日本大震災に見舞われた今年、この様な空白期間を設けるのは いかがなものかと やはり気になりました。結局 9月 1日の総合防災訓練は、菅 前総理以下の職務執行内閣の閣僚が参加しています。

 組閣は 1日 午後あたりから情報が漏れ始め、まず岩手県選挙区選出の参議院議員でもある平野達男 東日本大震災復興対策担当大臣が再任。新設される原子力安全庁が環境省外局として置かれる事に伴い、環境大臣兼務で細野豪志 原発事故担当大臣も再任されます。

 2日 朝からは 組閣情報も一気に広まり、蓮舫(本名・村田蓮舫)総理大臣補佐官が 行政刷新・公務員制度改革担当大臣へ返り咲き(笑)。20年ほど前に開票速報のキャスターも勤めた、元NHKアナウンサー 小宮山洋子 衆議院議員が 厚生労働大臣に新任となりました。

 代表選で決選投票逆転の立役者となった、鹿野道彦 農林水産大臣も再任の情報が流れます。そして午前10時50分に、藤村修 内閣官房長官が閣僚名簿を発表しました。

 小沢一郎 元幹事長は、党員資格停止とは言え民主党党員です。されど この日本に ただ一人残っている自民党領袖でもあります。

 代表選挙は 3連敗ですし(笑)菅 前総理との内閣不信任決議を巡る政争も やはり負けたのですが、田中角栄 元総理大臣が開発した国政選挙集票システムの技能を、ただ一人承継している政治家であり、その事が権力の源泉なのです。

 加えて その権力に固執しないプッツン・雲隠れ(笑)も交えるのですから、常人の理解を超えた底知れぬものを感じます。小沢・反小沢と言うより、親小沢・嫌小沢で、政治体制が分けられる事に、この国の不幸の緒端があるのかも知れません。

 中選挙区時代も含めて自らの選挙区である岩手県が、東日本大震災で あれだけ被災したのにも係わらず、3月11日から約1週間ほど初動の政治行動が全く伝わらなかった事に、私は 小沢 氏に対する疑問を感じています。ホームページすら更新がありませんでした。この1週間は政治家として致命的な雲隠れだとも思えるのです。

 菅 前総理は、代表選挙の直後 秒読みとなった任期の中、福島県を訪れています。3月11日に総理大臣だった者の責任と、その訪問の理由を述べていますが、東日本大震災の対応に関しては、どうも小沢 元幹事長の政治行動より、あれだけバッシングを受けた菅 前総理の行動のほうが理解し易いものがあります。

 私は、ドジョウに例えた野田 新総理に好感を持っています(笑)。まだ国難は続いているのです。どうかパフォーマンスか雲隠れ(笑)の二者択一ではなく、地を這う様に泥臭くても堅実な国政を期待しています。


(追記) 内閣総理大臣臨時代理 就任予定者の指定順位は、1位・藤村修 内閣官房長官、2位・鹿野道彦 農林水産大臣、3位・川端達夫 総務大臣、4位・山岡賢次 国家公安委員長、5位・前田武志 国土交通大臣 となっています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2011年09月02日 の週間選曲リストと『 野田佳彦内閣誕生 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。