FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第381回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Dry Town ~ Theme of Zero”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 未解決特命捜査」メインテーマ

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「臨場」劇中効果音楽 [吉川清之]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    CS 囲碁将棋チャンネル・テレビ対局「第19期 竜星戦」テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]
    ♪囲碁テレビ対局のテーマ音楽とは思えないほど和声が整った佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    abn ABC・ドラマ「警視庁失踪人捜査課」劇中効果音楽 [Audio Highs・横山克]


 4日に、鳩山 内閣が総辞職しました。

 社民党の連立政権離脱と支持率の低迷で息詰まった鳩山 首相は、潜かに退陣を決断。2日 午前9時33分、NHK総合は「鳩山首相 民主幹部に辞意伝える」とニュース速報が流れました。

 ほぼ同時に通常番組が打ち切られ、臨時ニュース(チャイムなし)を開始。正式に辞意を表明した10時からの両院議員総会を生中継しました。県内民放テレビ全局も報道特別番組で生中継。テレビ東京は通常番組を放送しています。

 小沢 幹事長に辞任を求め、そして選対幹部の選挙違反問題があった北海道3区の小林千代美 議員へ辞任勧告をするなど、異例な自らの辞任表明でした。鳩山 首相は小沢 幹事長と差し違える覚悟を、スピーチ一発で表現したかったのかも知れません。

 NHK総合の臨時ニュースは横尾泰輔 アナが担当。地上波デジタルで視聴していると、副調整室の激しい指示がインカムから漏れた音声となって聞こえていました。また原稿整理の際、陪席のデスクがモロ画面に登場してしまうなど(笑)若干混乱した状況もありました。

 戦後 短命だった内閣の上位は、1位・東久邇宮稔彦王内閣(54日) 2位・羽田孜内閣(64日) 3位・石橋湛山内閣(65日) 4位・宇野宗佑内閣(69日) 5位・芦田均内閣(220日)となっています。

 東久邇宮稔彦王は、終戦僅か2日後に就任した ただひとりの皇族首相。そして この内閣は、我が国の歴史の中で唯一の緊急避難的内閣です。

 結局 鳩山内閣は、戦後8位の短命内閣(266日)となりました。

 午前11時から行われた民主党代表選挙で、菅直人 副総理が新代表に当選しました。

 【獲得得票数:菅直人 候補 291 樽床伸二 候補 129】

 午後1時12分 国民新党との連立が合意。2時05分には仙谷 国家戦略担当大臣が、新官房長官に内定との情報も流れています。

 そして衆議院は2時36分、参議院が2時55分に内閣総理大臣指名選挙が終了。菅直人・民主党代表が、第94代(61人目)の内閣総理大臣に選出されました。

 内閣総理大臣指名選挙の獲得得票数は、衆議院 313票(65・6%)参議院 123票(51・8%)でした。

 参議院では過半数を4票オーバーし、1回の投票で指名されています。この後一気に組閣まで行う予定でしたが、やはり宮中の親任・認証式まで強行するのは無理がある様で、組閣は週明けの8日となりました。

 そこで気になったのは、組閣までの4日間です。

 菅 代表は総理大臣に指名されても天皇陛下の親任がなく、まだ総理大臣でありません。この4日間は憲法 第71条の規定により、鳩山 前首相が依然として内閣総理大臣の地位を保持しています。

 総辞職した鳩山 内閣の全国務大臣も同様です。それならば総理大臣指名選挙は、8日にすれば良かったのですが もう済ませてしまいました。鳩山 前首相は、花束を貰って拍手の中官邸から去っています(笑)。

 総辞職した内閣が引き続き 国政を担っている「職務執行内閣」が4日間も続く事は、危機管理の観点から やはり気になります。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2010年06月04日 の週間選曲リストと『 鳩山内閣 突然の総辞職 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。