FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第449回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    GANET CROW“Misty Mystery”
    TSB YTV・アニメ「名探偵コナン」オープニング テーマ

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・ドラマ10「ラストマネー ~ 愛の値段」劇中効果音楽 [林ゆうき]

  3. 第 3 位 ( ★ )
    ジプシーキングス「インスピレーション」
    NBS フジ・金曜プレステージ「鬼平犯科帳スペシャル」エンディング テーマ
    ♪絶対欠かす事が出来ないエンド タイトルバックを彩る秀逸曲。洋楽だが唯一例外で曲目等を原語表記しない。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    尾崎亜美「愛のはじまり」
    NHKラジオ第1放送「ラジオ深夜便」深夜便のうた

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    都竹宏樹「青いバス」
    NHK総合・紀行番組「のんびり ゆったり 路線バスの旅」テーマソング


 42年間続いていた SBC(TBS)ナショナル劇場「水戸黄門」が、この秋 打ち切りと発表になりました。「水戸黄門」に関しては、長年にわたって高視聴率をマークしていましたが、最近では 月曜夜の本放送より平日夕方の再放送の視聴率が高いという逆転現象もあって、制作能力の低下も指摘されていました。引き潮の様に、地上波時代劇からの制作撤退が相次いでいます。

 そんな中 30日に、NBS(フジ)金曜プレステージ枠で「鬼平犯科帳スペシャル ~ 盗賊婚礼」が放送されました。鬼平犯科帳スペシャルは、2010年 6月18日に放送された「高萩の捨五郎」の視聴率が 13・9% 。2011年 4月15日 放送された「一寸の虫」は 14・3%と、高い数字をマークし続けています。

 原作者である故・池波正太郎 氏の強い指示により、オリジナルに基づかない制作をせず、既にレギュラー放送された 139本で原作は ほぼ使い切り、現在リメイクでスペシャルが制作されています。平成時代 最高の時代劇との声もある「鬼平犯科帳」も歳月を重ね、主役の中村吉右衛門が、遂に歌舞伎俳優として人間国宝(重要無形文化財保持者)の地位まで昇りつめました。

 味のある老密偵の役である相模の彦十 役は、三代目 江戸家猫八 氏から長門裕之 氏へバトン タッチしましたが、両名とも お亡くなりになりました。また初代のナレーターは、中西龍 元NHKアナウンサー。退職後フリーとなり鬼平犯科帳ナレーションを担当中に大病を患い、第6シリーズ辺りでは、弱々しい声になってしまったのが大変残念でした。

 歴代NHKアナウンサーの中で、最も技量が優れたアナウンサーを 5人挙げるとすれば、和田信賢・宮田輝・高橋圭三・青木一雄そして中西龍です。中西龍 アナの独特の抑揚とリズムによる朗読能力は、アナウンサー随一で、特に長年担当されたNHKラジオ第1放送「ひるのいこい」や「にっぽんのメロディー」は絶品の味わいがありました。

 とりわけ勤務シフトから たまに担当されたラジオ第2放送「気象通報」は圧巻で、無機質とも言える気象データの読み上げに、まるで観測地点の風景が飛び出してくる様な世界観を、ラジオのスピーカーから醸し出していました。中西龍 元アナが 亡くなられた後に担当されたのが、名声優の仁内建之 氏でしたが、第7 ~ 8シリーズを担当しただけで逝去が続いてしまったのです。

 フジテレビの鬼平犯科帳シリーズは、23年続いています。この間 一貫してプロデュースしてきたのが 能村庸一 氏です。フジテレビの時代劇プロデューサーとして、同局の時代劇を数多く企画・制作してきました。鬼平犯科帳シリーズでもジプシーキングス「インスピレーション」が流れるスタッフ クレジットの冒頭に、プロデューサーや企画者として紹介され続けています。

 実は 能村庸一 氏は、フジテレビへアナウンサーとして入局しています。そして仁内建之 氏の後を継いだ三代目ナレーターを勤めているのが、その能村庸一 氏です。プロデューサー自らナレーションを勤めるドラマは、テレビ史上初めての事だと思います。現在 鬼平犯科帳でナレーションを勤める 能村太郎 氏とは、プロデューサーである 能村庸一 氏 ご本人なのです。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2011年09月30日 の週間選曲リスト と『 中西龍・仁内建之・能村太郎 さん 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。