FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第89回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    L e s.R「赤い糸」
    SBC MBS・ドラマ30「虹のかなた」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    day after tomorrow“lost angel”
    NBS 東海テレビ・ドラマ「女医・優 ~ 青空クリニック」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    松たか子「時の舟」
    SBC TBS・日曜劇場「逃亡者」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・金曜時代劇「慶次郎縁側日記」テーマ音楽 [川崎真弘]
    ♪心へ緩やかに染みていく情緒的旋律なテーマ音楽。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NBS フジ・木曜劇場「人間の証明」劇中効果音楽 [岩代太郎]
    ♪1位 5週、登場11週。


 このブログで何度か指摘しました、少子高齢化の人口動態によるラジオの聴取者層の変化。FM長野リスナーとして、いつキー局のTOKYO FMやJFNCが、その変化に対応していくのか? 注目しています。“JET STREAM”で既に対応の核は出来ているのです。その変化の流れなのか「NHKラジオ第1放送」の人気が確実に高まっています。

 日本のラジオ放送は、1925年(大正14年)3月22日に社団法人 東京放送局(JOAK)の「仮放送」(仮施設からの正式放送)で開始しました。

 1926年(大正15年)8月20日には、大阪放送局(JOBK)名古屋放送局(JOCK)と合同で社団法人 日本放送協会を設立し 全国ラジオ放送がスタート。そして 1931年(昭和6年)3月 1日 都市放送(ラジオ第2放送)の開始と共に分離された「NHKラジオ第1放送」が誕生しました。

 以来 大平洋戦争を越えて現代に至るまで脈々と放送が続いており、特に24時間 正時の時報とNHKニュースは、全国のラジオリスナーに深く浸透し、6時30分からの「ラジオ体操」12時15分からの「昼のいこい」22時からの「NHKジャーナル」いずれも長年に渡り しっかりと定着しています。

 そして「ラジオ深夜便」です。

 午前0時に放送終了していたNHKラジオ第1は、1988年(昭和63年)昭和天皇のご容体放送から事実上の終日放送に入りました。

 そして平成時代を迎え「特集・ラジオ深夜便」と銘打ち、断続的な放送編成から ゆるやかに始まった このNHKラジオ初めての深夜放送番組は、現在聴取者数的でも圧倒的な人気を誇っています。

 とにかく原則的に 1年365日 生放送。「眠くなったら、いつでも寝てください」という優しさと、地震は震度1でも速報する安心感は、それまで気付かなかった新しいラジオの機能性を十分に引き出しました。

 沢山のファンもいて、中には毎日放送される全国各地の「日の出の時刻」を記録し続けているリスナーも多く存在しています。

 NHKラジオ第1放送は、現在「ラジオ名人寄席」や「音楽の泉」などの名物番組を除き ほとんどが生放送で送出。重大事件発生時は、即座にテレビ放送音声の同時放送に切り替わるのも大きな特徴です。

 最も歴史があるNHKラジオ第1放送は、FM長野リスナーの私でさえ時には頼りにしてしまうほどの安定性で、日本のラジオ放送の基準器的役割を果たしています。


(追記) 2011年 4月から、平日の「ひるのいこい」は 午後12時20分からの開始となりました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2004年09月17日 の週間選曲リストと『 NHKラジオ第1放送 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。