かめクンの皮膚病 - チャート★ドランカー BLOG

FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第121回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    柴田淳「おかえりなさい。」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    柴田淳「幻」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「危険な関係」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はぐれ刑事純情派 ファイナル」テーマ音楽 [甲斐正人]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    奥田美和子「雨と夢のあとに」
    ABN テレ朝・金曜ナイトドラマ「雨と夢のあとに」主題歌

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・2時間サスペンスドラマ「土曜ワイド劇場」タイトルバック テーマ音楽 [音楽制作者不詳]
    ♪1位 2週、登場 7週。


 我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメの「かめクン」。冬眠明け後も大変元気ですが、首筋の奥のところに、3ミリ程度の小さな おでき が出来ているのを発見しました。調べてみると皮膚病の可能性があります。

 冬眠明けの今の時期は、アカミミガメに限らずカメの皮膚病が出やすい時期なのです。原因としては、ちょうど首筋なので甲羅のふちに当り傷がついてしまったのか? あるいは、冬眠中の水質に何らかの問題が あったのかも知れません。水の汚れなどは、見た目で解りますが、アカミミガメの皮膚病の原因となる細菌類については、気がつかない事も多いのです。

 やはり飼育ケースの定期的な消毒は 不可欠な様です。しかし、飼育ケースを毎回熱湯消毒する訳にもいきません。ケースが耐熱ではないし 作業が危険です。色々調べてみましたら、消毒用エタノールの噴霧が安全で効果的だと知りました。

 とにかく 今回の おでき は、薬を塗って治療する事にしました。足掛け 14年目になる かめクン の飼育歴で初の治療です。毎日のエサタイムの後、おでき に綿棒で治療薬(消毒用イソジン)を塗ってあげます。目に入ると いけない薬ですが、なんと かめクンは、綿棒を近付けても まったく首を動かさず、塗る時に目をつぶってくれます。

 いやがらず治療に協力的で、なにやら気持ち良さそうに薬を塗ってもらっているのです(笑)。どうも かめクン には、治療を受けている事が判っている感じさえします。うちの かめクン もそうですが、小亀の頃から変わらずに愛情を注いで飼育を続けると、優しくて賢い亀に成長していきます。

 アカミミガメにとって首筋に触れられる事は、びっくりして首を引っ込めてしまうのが普通なのですが、治療中は 全く引っ込めないのです。塗った後は、治療薬を患部へ浸透させるため「乾燥飼育」として約半日 水無しのケースで過ごし、夕方また水入りのケースに戻ります。かめクン は、段取りも覚え食欲は落ちず、順調に治療生活を送っています。


(追記) 我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメ「かめクン」のおできが完治しました。治療薬を毎日塗り続けていましたが、先週かさぷた になった おできは、ポロっと取れました。念には念を入れて、おでき の跡にも毎日薬を塗り、午後の乾燥飼育を続けましたが、跡も小さくなったので「完治」として治療を終了しました。

 結局 7週間ほどかかりましたが、おでき が悪くならず無くなって本当に良かったです。完治の日に「快気祝い」として大好物の川エビをたっぷり与えたら、かめクン 大喜びでパクついていました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2005年05月06日 の週間選曲リストと『 かめクンの皮膚病 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。