FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第122回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    柴田淳「おかえりなさい。」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はぐれ刑事純情派 ファイナル」テーマ音楽 [甲斐正人]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    柴田淳「幻」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「危険な関係」主題歌

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    奥田美和子「雨と夢のあとに」
    ABN テレ朝・金曜ナイトドラマ「雨と夢のあとに」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    UA“The color of empty sky”
    メナード化粧品 テレビCMソング
    ♪驚くほど精密なエレクトロニカ・サウンド。


 長野県内も「平成の大合併」が進んでいます。20世紀末には 120市町村(17市 36町 67村)あった長野県も、現在 81市町村(19市 25町 37村)にまとまりました。

 昨年 4月 1日に 小県郡 東部町と北佐久郡 北御牧村は合併し、新市「東御市」が誕生。そして 先月 1日 佐久町と八千穂村との合併により、南佐久郡 佐久穂町が誕生。さらに 臼田町・浅科村・望月町は、佐久市と合併しています。

 1988年10月の開局当時、美ヶ原本局送信所の他に、FM長野の中継局は 4ヶ所(松本・岡谷諏訪・飯田・善光寺平)だけでした。

 その時 多く存在していたFM長野 難聴地域での受信状態改善のため、開局後 最初に置局したのが、美ヶ原 本局送信所の電波が届きにくい、佐久市から秩父に至る埼玉県境までの東信・南佐久地区を対象とする『FM長野・小海 中継局』です。1990年 7月27日に開局しました。

 送信周波数は 80・3 MHz 。実効輻射電力(ERP)が 195Wという強い無指向性送信をしています。FM電波の高出力の無指向性送信は、送信中継施設の付近地区がまず恩恵を受け、南佐久郡である小海町・北相木村・南相木村・南牧村などでは、大変良好にFM長野が受信できます。

 昔から県内主要国道沿いには、SBCラジオの周波数看板が設置されていました。それに対抗してかどうか解りませんが(笑)中継所設置当時、小海町内の国道141号線沿いに、大きなFM長野・小海 中継所を紹介する看板がありました。1992年当時、私は見たことがあります。それだけ開局の頃は、局の意気込みが感じられたのです。

 南佐久郡 小海町 大字小海 字小海原の小海高原ゴルフコースから望む向山(1303m)頂上にFM長野・小海 中継局があります。

 NHK-FMのサテライトも併設されていますので「小海 FM中継放送所」とも呼称されており、近くには「南牧 テレビ中継放送所」が置局されています。名前が違っていますが「南牧中継局」として、全て同一施設の扱いをされる事もあります。

 ちなみに この小海 中継局がある向山は、松茸が取れるとかで、シーズンによって権利関係から立入禁止になる地元では ちょっと有名な山だそうです(笑)。しばらく小海にも行ってませんが、FM長野・小海 中継所 紹介の看板は まだあるでしょうか?

 送信出力 100Wで送信している小海 中継所は、開局後 最初に整備した東信 難聴地域 約 6000世帯のための長野エフエム放送中継所です。まず東信地域からFM長野中継所の新規整備を開始した事には、大きな意義があると思います。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2005年05月13日 の週間選曲リストと『 FM長野・小海 中継局 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。