FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第688回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    宇多田ヒカル「花束を君に」
    NHK総合・連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主題歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    ギラ・ジルカ“Long Train Runnin’”
    SUBARU テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    平原綾香「マスカット」
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲

  5. 第 5 位 ( ★ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「ナンバーズ ~ 天才数学者の事件ファイル」エンドテーマ音楽 [Charlie Clouser]
    ♪エンドテーマには洗練された調性を感じる。


 好調の大河ドラマ「真田丸」は地元・信州が舞台です。そう言えば 6年前に「龍馬伝 と 大泉洋」と題してブログを書いた事がありました。

 その時のブログを読み返してみると、BS朝日で「水曜どうでしょう」をデジタルで録画し直していると書いてありました。なんと今も放送しています(笑)。何巡目か解らないぐらいですが 現在サイコロ3です(笑)。

 大泉洋という俳優は、そんな理由から簡単に過去の姿と比較対象がしやすいのですが(笑)第13回「決戦」では武者姿での見事な乗馬シーンを視せてくれました。サイコロ3の時よりも(笑)そして「龍馬伝」の時よりも間違いなく成長しています。

 大泉洋・安田顕・音尾琢真・戸次重幸・森崎博之ら5人で構成する演劇ユニット・TEAM NACSは、3人が大河ドラマの出演歴、そして全員 民放全国ドラマのレギュラー出演歴を有し、戸次は現在 テレ東の土曜ドラマ24「昼のセント酒」で毎回全裸になって(笑)頑張っています。

 「真田丸」は 三谷幸喜のオリジナル作品です。出演者は 過去の三谷ドラマ・映画の常連が多数を占め、特に2004年の「新選組!」メンバーが、副長だの総長だの源さんだのと(笑)色々出てきます。

 歴代大河の中で、小日向文世の豊臣秀吉 役は、かつてないほど理智的なものを感じます。その姿は、狩野光信作の重要文化財である秀吉肖像画に近いイメージも受けました。

 先日NHK長野局(JONK)のローカル番組に、真田丸の時代考証担当・平山優 氏が出演し、真田信繁(幸村)が秀吉の馬廻衆(うままわりしゅう)という設定は 最新の研究結果に基づいていると、実に興味深い話をしていました。

 大河ドラマの前に三谷ドラマであるが故に、なんだこれ? と思ってしまうシーンも散見しますが(笑)演出の許容範囲からは逸脱せず、作者・制作者の歴史観には 今のところ違和感を感じません。「真田丸」の今後の展開に期待しています。

 NHK大河ドラマ「真田丸」5月29日 放送・第21回「戦端」タイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 堺雅人 → 大泉洋 → 長澤まさみ → 木村佳乃 → 山本耕史 → 藤本隆宏 → 吉田羊 → △ 片岡愛之助 / △ 高嶋政伸 → 斉藤由貴 → 寺島進 → 小林隆 → 中原丈雄 → 桂文枝 → △ 竹内結子/ ○ 小日向文世 → △ 草笛光子 → △ 藤岡弘、 → △ 高畑淳子 → △ 鈴木京香 → △ 近藤正臣 → ○ 内野聖陽 → ◎ 草刈正雄 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは独自な格付けをしています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2016年06月03日 の週間選曲リストと『 真田丸 と 大泉洋 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。