FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第216回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    SBC TBS・日曜劇場「華麗なる一族」メインテーマ 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    倉木麻衣“Season of love”
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Kaiser Chiefs“Ruby”
    ♪巧みなリリックとポップが融合した珍しいタイプのブリティッシュ・ロック。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽(池頼広)
    ♪1位 4週、登場27週。


 私にとって、NHK大河ドラマ・テーマ音楽の最高傑作は何か? 振り返ると その作品は、視聴率が あまり良くありません(笑)。大河ドラマは、通常 1月から12月まで放送されます。ところが この作品は、約8ヵ月の変則放送でした。

 「花の乱」(1994年 4月 ~ 12月・全37回 本放送)は、室町八代将軍 足利義政の正室・日野富子が巻き起こした、日本史上最悪とされる泥沼の内乱「応仁の乱」を中心に描いています。

 1991年放送の「太平記」が、鎌倉幕府末期から南北朝時代までを描き、多くの大河ドラマは戦国時代に集中しています。その中間になる純粋な室町時代を対象とした作品は、この「花の乱」が初めてでした。それ故に歴史的背景の解りにくさがネックだったのです。

 筋書きの流れ行く先に、誰でも理解出来得る歴史上の大転換点があると、やはり大河ドラマの人気は出ます。しかし「花の乱」には その大転換点が存在しません。

 名優達は ふんだんに配役されており、主役の日野富子には 三田佳子。足利義政 役に歌舞伎界の最高名跡・市川團十郎。クレジットでは この2人が別格の序列です。他に 伊吹五郎:役所広司、森侍者(しんじょ):檀ふみ、山名宗全:萬屋錦之介らが出演。ハイレベルな芝居を演じているのですが、本放送当時なかなか人気は出ませんでした。

 この「花の乱」で印象に残るエピソードと言えば、第33回「銀色の夢」です。花の御所を焼失し、応仁の乱が都を荒廃させてしまった頃、前将軍・足利義政が、避難先の小川御所から寒村の隠居屋敷の様な洛北の長谷山荘に移り、新寺院の竣工模型となる箱庭を視て、寺院に銀箔を貼ることを思い付き、それが銀閣寺の着想になったストーリーです。

 実に難解極まる文化芸術的なエピソードなのですが、義政が乱世を忘れ銀閣寺の箱庭を見ながら、うっとりと夢想するシーンに、俗世から遊離した現代のサブカル文化に通じるものを、私は感じてしまいました(笑)。

 この様に難解で大衆受けを狙わない「花の乱」を、私は それでも素晴らしいと断言します。それは三枝成彰が作・編曲した、全ての大河ドラマを通じての最高傑作である「花の乱」テーマ音楽が存在するからです。

 静なるピアノソロから導入する繊細な旋律の調和と大胆な和音構成。そして音楽的に完璧な転調から魂を揺り動かす劇的クライマックスまで。テーマ音楽の域を遥かに超える凄い作品です。素晴らしいタイトルバックと共に涙が出るほどの美しさは、3分間の「交響詩」と言っても過言ではありません。

 過去の大河ドラマ作品は、現在CS放送への開放が進んでおり、遂に この「花の乱」もCSの時代劇専門チャンネルで放送開始となりました。機会がありましたら、この大河ドラマ・テーマ音楽の最高傑作とタイトルバックを、ぜひ視聴して頂きたいと思っています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2007年03月16日 の週間選曲リスト と『 花の乱 NHK大河ドラマ 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。