FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第215回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    倉木麻衣“Season of love”
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・日曜劇場「華麗なる一族」メインテーマ 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]
    ♪シンフォニック アレンジとしては高レベルに達している。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」劇中効果音楽 [池頼広]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]


 週間選曲リストは、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。ですから「選曲理由」は、原則としてリストイン週に、ピンポイントなワンフレーズだけを「♪」マークの横に書いています。但し リストイン曲がなく、データ掲載もない場合は、追加の選曲理由を書くこともあります。

 年間ランキング 1位の「選曲理由」は、改めて恒例の長文を書いていますが、年間ランキングの 5曲の選曲理由は、累積資料である参考データと一緒に、それぞれの曲のリストイン週に書かれた選曲理由にリンクを打っています。週間選曲リストに搭載された楽曲は、リストイン週の「選曲理由」の文章が、評論のベースになっているのです。

 215週目を迎えた今週の週間選曲リストでは、倉木麻衣“Season of love”が、2週連続 1位に選曲されています。しかも 4週前に 5位まで落ち、そこから 3 → 1位と上昇しました。この様な順位変動は、週間選曲リストで たまに現れます。この曲は、abn長野朝日放送(テレ朝系)木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」の主題歌です。

 「京都迷宮案内」は、1999年 1月に第1シリーズの本放送を開始。犯人探しのサスペンスドラマとは異なり、主人公である京都日報記者・杉浦恭介(橋爪功)が、京都を舞台に起こる社会部的事件から、その裏側の人間模様を新聞記者として描写する独特な切り口のドラマです。大洞浩次郎(北村総一朗)と名コンビで、橋爪 と 北村は 文学座以来の盟友です。

 また「京都迷宮案内」は、とてもタイトルバックに力を入れています。この「週間選曲リスト」にも、2003年からの主題歌は全曲リストインしています。もっと早くブログを始めていれば、さらに 1位楽曲が出ていたかも知れません。8日に 最終話を迎えた第9シリーズは、ミステリーの域を超え極めて問題提起の巧みなドラマとして成長しました。

 1月11日・18日 放送の第1・2話「杉浦復活!作られたスクープ!!」は、元全国紙記者でミニコミ誌代表(中村敦夫)が、朝日新聞の論調や編集スタンスを陰に陽に象徴して演じ、人格の裏側描写から あわや朝日批判かと思わせる、非常にタブーなき問題意識を有したエピソードでした。しかし、ラストでは 上手くかわしています(笑)。

 また2月22日の第7話「逮捕されたい男!京都タワーの謎」では、進行性の膵臓ガンにより いきなり余命半年と告知され、希薄な自分の存在を思い悩んでいた中津隆志という若者(鳥羽潤)が登場します。杉浦記者 と 夜明けの京都タワーの展望台で、闇夜から復活の陽ざしを受け生気がみなぎっていく姿は、心底に訴えるものがありました。

 ドラマが良ければ、主題歌や劇伴の価値も上がります。これが放送音楽の世界だと考えます。週間選曲リスト・ルールには 書き切れない、選曲基準の要素であり理由の一端なのです。今週の週間選曲リストでは、ドラマのレベルが かつてないほと高くなった「京都迷宮案内」の、倉木麻衣 が唄う 主題歌が 1位に選曲されています。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、2月26日に 5万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとう ございます。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2007年03月09日 の週間選曲リスト と『 新・京都迷宮案内 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。