FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第214回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    倉木麻衣“Season of love”
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    SBC TBS・日曜劇場「華麗なる一族」メインテーマ 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」劇中効果音楽 [池頼広]
    ♪非常にエンデュランスな劇伴音楽群。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]


 長野市内 この冬は、例年になく雪が降りません。昨年の北信地域の豪雪と一変し、この時期 長野市街に積雪が残っていないのは 珍しい事です。小学生の頃、冬休みに茨城から長野市へ来た時の積雪の凄さや、1991年 長野市で暮らし始めた時の積雪の記憶。そして1998年 冬季オリンピック開催の頃の市街の記憶を比較すると、やはり冬の温暖化が進んでいる気もします。

 我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメの「かめクン」は、この暖冬を いい感じで冬眠しています。好天の日も多く、冬眠合間の日光浴もマメに こなしています。冬眠の最中 かめクン は、水中に首を入れ、しっかりと目をつぶっています。それなのに かめクン には、外の気温や天候が解っている感じさえするのです。

 例えば冬眠している部屋が暖房で暖かくても、屋外が厳冬ならば深く冬眠を続けています。逆に外出時など部屋の暖房が切られている時、屋外が春めいてくると、すっすり起き出しガチャガチャし始めます。このように かめクン を、独自のやり方で冬眠させて来ましたが、やはり暖冬の年は 落ち着いて冬眠が出来る様です。

 先日 ミシシッピ アカミミガメを口に入れた幼児が、細菌の中毒で重篤になる事件が起きました。どのような小動物にも有害な細菌は常在します。冬眠中でも、天気のいい暖かい日に日光浴をさせていますが、その時に飼育水の全交換も行います。かめクン を触ったり水交換など世話した後は、必ず消毒用石けんで手洗いを欠かさずしてします。

 この様な当たり前のマナーで充分対策になります。私自身に関して言えば、長年の かめクン の飼育で、細菌等の中毒になった事は全くありません。外来種でも、根は臆病でおとなしいミシシッピ アカミミガメを、全部まとめて悪役の扱いにしない様、一(いち)飼い主として お願いする次第です。

 春を知らせる「白梅」の盆栽も、昨年とほぼ同時期の開花になりそうです。暖冬といっても、植物としての外気温は、やはり寒かった様です。どうしても雪の有り無しで暖冬とか判断しがちですが、白梅は春を同じ時期に知らせてくれそうです。隣の秋を知らせる「山紅葉」の盆栽も、まだ眠ったままです。白梅の開花の頃になると、一斉に葉の芽が吹き始めます。

 今年は、白梅の盆栽の蕾の数も増えて満開時が楽しみです。暖冬でも厳寒の中で、蕾を膨らませる梅は、大したものです。雪が降らなければ、交通など問題は生じないのですが、ひと冬に 1度も大雪が降らないと、温暖化など別の心配をしてしまいます。ともあれ雪の降らない冬から、今年は信州に春がやってきます。


(追記) 2011年 1月から、かめクン の飼育方法を 加温飼育に切り替えました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2007年03月02日 の週間選曲リストと『 雪の降らない冬 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。