FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第212回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・日曜劇場「華麗なる一族」メインテーマ 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]
    ♪メインテーマが流れるエンディングに台詞を乗せてしまうのは残念。

  3. 第 3 位 ( △ )
    井上陽水“Make-up Shadow”
    トヨタ自動車 テレビCMソング
    ♪編曲は 佐藤準。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    倉木麻衣“Season of love”
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌


 NBS長野放送(フジ)木曜劇場「拝啓、父上様」が、なかなかの出来です。タイトルからして今から 32年前に日テレで放送された金曜劇場「前略おふくろ様」(1972年 ~ 1974年・全 2部 50話 本放送)を彷彿とさせます。そして この作品にも やはり脚本家・倉本聰の得意技である、主人公の心情を同時通訳(笑)的にナレーションさせる手法が貫かれています。

 また「前略おふくろ様」から、そのままの役柄で 2人レギュラー入りしています。まず かつて「前略おふくろ様」において花板・村井秀次だった梅宮辰夫は、今回同じく花板の小宮竜次 役で出演。まるで32年間 板前を続けてきたかの様なイメージがあります(笑)。厨房シーンでの手さばきも実に見事で、俳優としては稀有な虚実一致した役回りを演じています。

 また その大女将・坂下夢子 役の 八千草薫も「前略おふくろ様」第2部での女将・竹内かや と、ほとんど変わらない天然キャラが炸裂しています(笑)。ドラマ「ちょっとマイウェイ」の時も そうですが、正確には 天然キャラを完璧に演じ切っているのです。私見ですが 美しく年齢を重ねた女優を 3人挙げるならば、香川京子・藤村志保 そして 八千草薫だと思っています。

 二番板で婿の坂下保 役・高橋克実は、料亭の板場が似合うほど なかなか堂にいっており、若女将の坂下律子 役・岸本加世子も、厳しさ と 優しさのバランスがとれた役を演じ切っています。さらに男性視聴者的には(笑)一平の母親役である高島礼子 と 芸者役の木村多江が共演し、同一シーンでフレームインしている事自体、粋なキャスティングとも言い切れるのです。

 8日の第5話では、店舗の建て替えを嫌って、大女将が家出をするシーンがありました。大女将の居所を言わずに完黙を続ける主人公の三番板・田原一平(二宮和也)に、竜次(梅宮)は 長台詞で諭します。その長台詞の中にあった「街は時代の流れで形を変える」という考え方は、常に自然共生をテーマに書き綴ってきた倉本聰から、初めて「都市理論」を聴く様で新鮮でした。

 音楽に関しては「前略おふくろ様」の井上尭之が、本当に素晴らしい劇伴音楽をスコアリングしたのと比較をしてしまい、森山良子・島健コンビは、少々 没個性的と言うかヌルい感じもしました。芸術選奨・文部大臣賞を受賞した「前略おふくろ様」の「おふくろ様」は、昭和の名女優・田中絹代でした。今回の「父上様」は誰なのか? 今後の展開に期待しています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2007年02月16日 の週間選曲リスト と『 拝啓、父上様 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。