FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第421回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Kalafina“symphonia”
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「歴史秘話ヒストリア」エンディング テーマ
    ♪週間選曲リスト・ルール 注意事項[02]を適用。

  2. 第 2 位 ( △ )
    鈴木宏子「薔薇は美しく散る」
    CS ファミリー劇場・アニメ「ベルサイユのばら」主題歌
    ♪ファミリー劇場は通常番組を放送。

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「江 ~ 姫たちの戦国」劇中効果音楽 [吉俣良]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    宇多田ヒカル“Show Me Love(Not A Dream)”

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]
    ♪2時間スペシャルは 18日にL字画面無しで本放送。


 未曾有の大惨事となった『東日本大震災』から 1週間が経過しました。

 しかし、まだ被害の全容は掴めておらず、福島第1原子力発電所の事故も危機的状況が続いています。この日本は、第2次 世界大戦以来とも断言でき得る、極めて深刻な国難に直面しています。

 18日に 原子力安全・保安院は、大津波による福島第1原発事故の規模を、IREA(国際原子力機関)の国際原子力事故 評価尺度(INES)で「レベル5」に引き上げました。

 半径80キロの範囲で被爆者が続出した米国・スリーマイル島事故が 同じく「レベル5」。最悪の「レベル7」が、半径300キロの範囲に深刻な放射能汚染を もたらした 旧ソ連(ウクライナ)チェルノブイリ原発事故です。

 国内最悪の事故による原子力緊急事態は、まだ続いています。

 NHKは、大震災直後から ほとんどの通常番組を休止して、総合テレビとBS1 そして 教育テレビとBS2が それぞれ同一放送。連続テレビ小説も既に1週間放送されていません。

 しかも教育テレビとBS2が、深夜0時から朝5時まで節電のため放送休止。24時間ぶっ通しの震災情報や安否情報・生活情報のため、NHKのアナウンサー・キャスターは総動員されています。

 また全時間 震災の報道特別番組を放送していた民放は、14日頃からL字画面を利用して、少しずつ通常番組に戻りつつありますが、CM枠でACジャパンの公共広告を繰り返し放送し、阪神淡路大震災直後の民放テレビと同じ状況になっています。

 天皇陛下は、16日に 宮内庁を通じ、緊急の際は 途中で中断しニュースを優先して欲しいとのご意向を付し、国民へ向けたビデオメッセージを発表。午後4時35分を期して、NHK・民放 問わず全国のテレビ局が一斉に放送しました。これは日本のテレビ放送史上 初めての事です。

 米CNNテレビは、震災直後から ほぼ24時間に渡り日本発のブレーキングニュースを放送。トップ アンカーマンである Anderson Cooper(アンダーソン・クーパー)が 仙台から生リポートするなど、過去類例のない報道態勢を組みました。特にNHKなどの大津波映像を繰り返し放送し、全世界に衝撃を与えています。

 また以前ブログで紹介した、Voice Of America(VOA放送)も、東日本大震災を全面的にニュース報道しています。

 FM長野は、震災当日からJFNネット番組を大幅に変更し、極めて異例とも言える報道特別番組を随時放送しています。

 12日に 長野県 下水内郡 栄村を襲った震度6強の烈震時は、地震から約11分後の午前4時10分に、松本本社からJFNの報道特別番組を通じて、全国に電話リポートを放送しています。午前4時32分には 田中利彦 アナが地震速報を伝えました。

 大震災当日のFM長野は、アナウンサー・スタッフが深夜在局していた事も確認されており、従来とは違った一歩踏み込んだ緊急報道を行っています。

 ただ今回の大震災に関して FMラジオ放送の問題点は、やはり地震直後のオンエアー曲の選曲です。

 まだ救出活動が続いている早期の段階で、壊滅状態の中で生き残った被災者の癇に障る様な頑張れソングを稚拙に流したり、安全圏である被災地外からの自己満足なメッセージを、震災情報より優先して放送するなど 浅い内容もありました。

 このブログでも、以前から緊急地震速報 直後の放送が大切だと書いていました。

 被災地であるRFCラジオ福島の深野健司 アナウンサーは 烈震が襲っている間「福島県内 非常に大きな地震が起きております。身の安全を確保してください。非常に大きな地震が長い時間続いております。ラジオ福島の第1スタジオも揺れが続いております。」と実況的な緊急アナウンスを やり遂げました。

 叫び声を上げず緊急アナウンスが出来るかどうかは、放送人として重要な資質である危機管理能力に かかわってくると思います。

 今回の大震災では、ラジオの重要性が深く認識されています。

 ラジオの代わりとなると思われていた携帯電話やワンセグは、停電時に充電の出来ない状態から機能停止が被災地で続出しました。やはり長時間聴く事が出来るアナログラジオは、非常災害時に最も役立つメディアだと再確認出来ました。

 私の生まれ育った茨城県 北茨城市も、大津波により海岸沿いが壊滅的被害となっています。とにかく絶対有り得ないと思われる地区まで、大津波の海水が到達したとの話を聞き、私は信じられない思いです。

 15日には 静岡県 富士宮市で震度6強の激しい地震もあり、栄村の烈震も含めて巨大地震以降、全国の活断層が激しく動きだした様にも見えます。

 福島第1原子力発電所の事故は、この国の存在すら揺るがしかねない極めて重大な局面です。また事故終息の未来があったにしても、首都圏を中心とした長期間の電力不足は続きます。

 戦後最悪の自然災害となった「東日本大震災」は、1週間経過しても まだ被害が止まらず、この国のあり方まで大きく変えようとしています。


(追記) 4月12日に 原子力安全・保安院は、福島第1原発事故の規模を、IREA(国際原子力機関)の国際原子力事故 評価尺度(INES)で 最悪の「レベル7」へ引き上げました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2011年03月18日 の週間選曲リストと『 東日本大震災直後のラジオ・テレビ放送 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。