咽頭炎を治す - チャート★ドランカー BLOG

FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第558回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Kaho“every hero”
    NBS フジ・ドラマ「ミス・パイロット」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    ビリーバンバン「これが恋というなら」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( △ )
    ダイドーブレンド オーケストラ編 テレビCM音楽 [音楽制作者 不詳]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「クロコーチ」劇中効果音楽 [出羽良彰・羽深由理]
    ♪シーンによって劇伴を短く切っているが、ストリングスが効くと抜群の和声になる。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    BS Dlife・BBCワールドニュース テーマ音楽 [David Lowe]
    ♪1位 2週、登場 8週。


 信州も晩秋から初冬の趣きとなりました。季節の変わり目となり風邪を引く方も多いのですが、かく言う私も先週 体調を崩してしまいました。。

 3連休明けの5日 朝、起床すると 喉の奥が痛いのです。風邪を引いてしまったと直感しました。私の場合 風邪は、喉から来ます。

 昼前には、喉の痛みが強くなってきました。これはまずいと思い、午後の仕事をキャンセルして帰宅する事にしました。風邪を引いた初日は、インフルエンザの検査目的で、一気に医院に駆け込むのが常です。特に仕事とは言え、外出してしまったのですから、間違いなくそうするはずでした。

 ところが妙なのです。悪寒は走らず寒気自体が全くしません。歩くと汗ばみ食欲もあり、喉の痛み以外 体調が悪くありません。そこで医院ではなく近所の薬局(ドラックストア)で、以前 抜群に効いた咽頭炎用の内服薬と耳の奥に塗る抗生物質の軟膏を購入。帰宅した後はセルフメディケーション(笑)。自分で治療をしてみました。

 仕事先では風邪だと公言した手前(笑)自宅で静養の形でしたが、こっそり風呂にも入り(笑)まず のんびり昼寝をしました。風呂に入っても全く体調は悪化せず、かえってスッキリしました。

 夜になっても食欲が落ちませんので、栄養を取るべく肉料理にし、喉が痛いにも係わらず、大変美味しく頂きました(笑)。そしてのんびりテレビを視て、眠くなってきたので、早めに就寝したのです。そこから8時間以上の熟睡でした。間違いなく体は、休養を欲していた様です。

 予定外の 4連休目に入った効果もあって薬が一発で効き、翌日には喉の痛みが一気に軽減し、翌々日には完治しました。

 図らずも 3連休が 5連休になってしまいました(笑)。なぜ咽頭炎になったのかは 原因不明です。先週のブログにも書きました例のブログ高速化作業を、3連休中に根を詰めてやった疲れが出たのかも知れません。

 結局発熱は全くなく、どうも風邪ではなかったのですが、間違いなく体は疲労していて、それが咽頭炎を招いてしまった様です。今回は、セルフメディケーションで充分な休息をとった事で、一気に回復出来たのだと思います。

 仕事で接触する人達には、風邪という事にしておきました(笑)。しかし、一度 咽頭炎になると体調の低下から、本当の風邪を引く可能性は充分にあります。今回は計らずも自主的な 5連休(笑)で咽頭炎は完治しましたが、油断せずにインフルエンザ対策を怠らず、本格的な冬を迎えたいものです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2013年11月15日 の週間選曲リストと『 咽頭炎を治す 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。