FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第682回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    松崎ナオ「川べりの家」
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「ドキュメント72時間」テーマ曲

  3. 第 3 位 ( △ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「華麗なるペテン師たち」テーマ音楽 [Simon Rogers]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    平原綾香「マスカット」
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲
    ♪最近では稀なアレンジに美しい和声を感じさせる佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Style‘20(東京2020オリンピック)使用楽曲 [下田法晴]
    NTT docomo テレビCMソング


 14日 と 16日に 熊本県地方で、最大震度7(上益城郡 益城町)の激しい地震が発生し、阿蘇郡 南阿蘇村を中心に大きな被害がありました。通常の大地震でみられる発生1週間前あたりからの前震活動が全くなく、突然 震度7の大地震が起きたことに驚きました。気象庁は、15日に この地震を「平成28年 熊本地震」と命名。被災地では、活発な救援活動が続けられています。

 【犠牲者 48名 負傷者 1159名】

 14日の発生時、NHK総合では「ニュースウォッチ9」が生放送中でしたが、キャスターの鈴木奈穂子 アナは、緊急地震速報 直後の震度速報は「今 震度 7を観測した地域があります。熊本県 熊本地方で震度 7を観測しました。」と、チャイムや画面表示よりもアナウンスが早く、NHK女子アナの中では、最高水準の危機管理能力を発揮していました。

 一方 16日の緊急地震速報は、小見誠広 アナが担当しましたが、地震の規模が 14日の余震と言えないほど尋常ではなく、CNNブレーキングニュースが、震源が市街地にあるとの実に解りやすい航空写真合成マップと共に、急迫の事態を全世界に報道していたのにも拘わらず、避難所からの中継を交えて 心掛け放送に終始していたのには、当初違和感を覚えました。

 ラジオで大変興味を引いたのは、FM長野の報道特別番組でした。14日の地震発生直後は“SCHOOL OF LOCK!”生放送でしたが、当初通常番組へ戻そうとする気配があったものの(笑)結局 地震情報 と 音楽を中心に構成しました。驚いたのは、この地震特番で、リスナーからのリクエストに応じていたという点です。

 地震特番でのリクエスト受け付けは、不謹慎という 1語で片付けられません。但しリクエスト曲のアーティストや著作権者が、大地震の急迫時に曲をオンエアーされる事を黙諾しているのか否か、さらに被災地や避難所からのリクエストと称したメッセージが真実か否か、充分な事前確認がないと実にリスキーな結果を生じる事を、放送局サイドは 肝に銘じるべきだと考えます。

 阪神淡路大震災並みのマグニチュード 7・3を記録した 16日の地震の後で、14日の震度7の地震が実は「前震」だったという気象庁の修正発表を知り、大変驚きました。熊本の震源域は、想定される南海トラフ地 震のラインの先にあります。さらに今回の地震の断層は、阿蘇山のカルデラまで達しているのだそうです。

 西日本に甚大な人的被害をもたらす南海トラフ地震は、30年に70%の確率。そして我が国に壊滅的被害を及ぼす阿蘇カルデラ巨大噴火は、100年に 1%の確率と言われています。ただあくまでも私見ですが、さすがに いきなりの阿蘇カルデラ巨大噴火は考えにくく、短くても数十年間の規模で、何らかの前駆現象があると考えています。

 それでも震度 7は前震活動だった今回の熊本大地震が、南海トラフ地震 と 阿蘇カルデラ巨大噴火へ どの程度の関連をもたらすか全く解りません。関連性がゼロだと決して断言は出来ないはずです。今後も充分な警戒 と 覚悟が必要です。『平成28年 熊本地震』で被害に遭われた被災地の皆さんへ、心から お見舞い申し上げます。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search