FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第310回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    DREAMS COME TRUE「連れてって 連れてって」
    ダンロップ テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  3. 第 3 位 ( △ )
    しまざき由理「AGAIN ~ アゲイン」
    CS ファミリー劇場・ドラマ「Gメン’75」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    平原綾香「ノクターン」
    NBS フジ・木曜劇場「風のガーデン」主題歌
    ♪1位 8週、登場14週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    城南海 ~ きずきみなみ「ピアノ」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌
    ♪少し平坦な曲調だが澄んでいる佳曲。


 今年のNHK大河ドラマ「天 地 人」は、お隣り新潟が舞台です。戦国大名・上杉景勝に仕え導いた知将・直江兼続の生涯を、火坂雅志の原作から追っていきます。関東地区の世帯視聴率は 第1回 24・7%、第2回 23・5%と前作「篤姫」を上回る好調な出足です。脚本は 小松江里子が担当。シナリオの進め方は、原作があるせいか歴史背景に慎重な姿勢を まず感じました。

 音楽は 大島ミチルが担当。大河ドラマ 48作目にして、初めて女性音楽家がスコアしています。15年ほど前 毎朝放送されていた、劇的で余りにも素晴らしい「NHKニュースおはよう日本」のテーマ音楽(当時)について、NHK情報誌「ステラ」の投稿コーナーへ「このテーマ音楽を 作曲したのは誰ですか?」と、私は問い合わせをした事がありました。

 ニュース番組テーマ音楽の制作者を尋ねる質問は、珍しかったのか採用されています。そして次の様な回答でした。「テーマ音楽は、大島ミチル さんという女性音楽家が作曲しました」。その後 大島ミチルが制作した NHK金曜時代劇「とおりゃんせ ~ 深川人情澪通り」(1995年 ~ 1996年)の劇伴音楽は、まるで対岸にある様な 繊細なメロディラインが現れています。

 大島ミチルの劇伴音楽には、力感溢れる和音構成 と フェミニンで繊細な旋律要素が、上手く溶け合っているのです。今回の「天 地 人」テーマ音楽は、ファンファーレ的な劇的和音に 叙情性ある旋律が やはり裏打ちされています。特に「トメG」(第2回放送では 吉川晃司のあたり)からの転調は、リストの選曲理由に特筆したほど 実に美しく独特の調性感があります。

 なおこの「天 地 人」の最終回は、11月22日 放送と予定しており、例年の大河ドラマより早期終了となります。そして11月29日からは 5週連続で、いよいよスペシャルドラマ「坂の上の雲」第1部を放送します。今回 上杉謙信 役の 阿部寛は、秋山好古・陸軍大将を演じます。大河ドラマ「天 地 人」の今後の展開に期待しています。

 2009年 NHK大河ドラマ「天 地 人」11日 放送・第2回「泣き虫与六」タイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 妻夫木聡 / △ 北村一輝 / △ 田中美佐子 → 高嶋政伸 → 東幹久 / △ 宍戸錠 → 萬田久子 → 平泉成 → 大出俊 → △ 山本圭 / △ 吉川晃司 / △ 笹野高史 / △ 加藤武 / ○ 高島礼子 / ◎ 阿部寛 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや 区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。 / は 表示間隔を示しています。無印 → △ → ○ の順でランクは 上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは 独自な格付けをしています。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2009年01月16日 の週間選曲リスト と『 天 地 人 NHK大河ドラマ 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。