【臨時のお知らせ】  まもなくサーバの移転作業を行います。
ブログへアクセス出来なかったり、SSLが効かない事がありますが、予めご了承ください。

第582回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「アリスの棘」劇中効果音楽 [横山克]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「神谷玄次郎捕物控」テーマ音楽 [安川午朗]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    井手綾香「飾らない愛」
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「今夜は心だけ抱いて」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    CS時代劇専門チャンネル・時代劇「大岡越前」テーマ音楽 [山下毅雄]
    ♪1位 3週、登場10週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    EGO-WRAPPIN’「サニーサイドメロディー」
    テレビ東京・ドラマ24「リバース エッジ 大川端探偵社」エンディング テーマ
    ♪懐古的でジャジーな旋律に洗練されたアレンジが施されている佳曲。


 普及してきたIPサイマルラジオ“ radiko”ですが、先月から“radiko.jp プレミアム”として有料によるエリアフリー聴取が可能になりました。ひと月378円(税込)を払うと、北は 北海道から 南は 沖縄まで全国 60のFM・AMラジオ局のリアルタイムな放送を聴くことができます。FM長野も全国で聴取可能になりました。

 ブロガー プロフィールで紹介している通り、私は長年日本中のラジオ チャート番組を聴いてきました。PC等があれば 簡単に国内 60局のラジオが聴けるとは、正直言って夢の様な話です。加入 1ヵ月目は無料ということもあって、私も“radiko.jp プレミアム”に入会してみました。但し リアルタイムと書きましたが、実際には 20秒近くの伝送遅延があります。

 “radiko.jp プレミアム”では、AM局もFM並みのクリアなステレオ音声で聴く事が出来ます。ところが日本中のラジオ番組を実際に聴いてみて、正直あまり魅力を感じなかったのです。ラジオメディア衰退の一因である「どの局を聴いてもだいたい同じ」(笑)という没個性な流れが、全国のラジオ局に深く浸透してしまった様です。

 FM局の音楽番組でも、オンエアーする音楽を大切にせずトークをし、そのトークも パーソナリティーの自己主張や宣伝ばかりで、リスナーのメッセージ紹介も、自身の存在肯定のために利用している番組が、大変多くなっていました。上級部署のチェック機能もなく、この事が「どの局を聴いてもだいたい同じ」と言う没個性を蔓延させている様です。

 もちろん例外はありました。このブログで紹介した札幌・STVラジオの「日高晤郎ショー」。変わらずに意気軒昂です(笑)。私がかつてお世話になった岩手・IBCラジオの「ワイドステーション」。大塚富夫アナも お元気でした。まだ続いている事を知り大変感慨深かったIBS茨城放送の「ラテンフォルクローレをご一緒に」は、個性が光り輝いていました。

 隣県・GBS岐阜放送(ぎふチャン)の「サンデー演歌ベスト30」には、チャート番組を演歌に特化した創意を感じましたし、FM長崎の開局以来から続く「決定版!FMヒットパレード」は、放送回数が なんと 1517回を数え、土日の 2部構成で 1位からカウントアップ、しかも 18位まで ほぼフルコーラス オンエアーするスタイルを頑固に守り抜いていました。

 ですが魅力的なラジオ番組は、全国を探してみても、以上の様に数えるほどしかありませんでした。もし この“radiko.jp プレミアム”が、日本中のラジオチャート番組を流浪し、毎週ニュースレターを発行していた 1980年代に存在していたら、どんなに素晴らしかったか? と思えてきます。あの遠距離受信の苦労が あっけなく霧散するかの様です。

 しかし、当時パソコンは 普及し始めていましたが、まだインターネットはなく、ラジオメディアは活性化していて“radiko.jp プレミアム”の存在理由すら なかったのです。前述した番組を記念に録音して 早くも退会しようかな(笑)と思ってしまっています。地元のFM長野 と NHK-FMがあれば、現状でのラジオメディアは事足りていると再認識できました。


(追記) 2014年12月を以て“radiko.jp プレミアム”は退会しましたか、2018年 9月に再び入会しています。

(追記) 週間放送視聴日記(2019年 1月18日)に、KBC 沢田幸二 アナ PAO~Nを掲載しました。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。