FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第581回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    井手綾香「飾らない愛」
    NHK BSプレミアム・プレミアムよるドラマ「今夜は心だけ抱いて」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「アリスの棘」劇中効果音楽 [横山克]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    CS時代劇専門チャンネル・時代劇「大岡越前」テーマ音楽 [山下毅雄]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「神谷玄次郎捕物控」テーマ音楽 [安川午朗]
    ♪独特な打楽器和音に彩られた美しいストリングス旋律。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    CS時代劇専門チャンネル・時代劇「眠狂四郎無頼控」テーマ音楽 [渡辺岳夫]


 また札幌からの突然の訃報には 本当に驚きました。HBC北海道放送で、ナイターオフ シーズンの平日夜に放送されていた「HBC ベスト100 マラソンランキング」のパーソナリティだった ジャンボ秀克 (本名:佐々木秀克)さんが、先月 8日に亡くなられました。。札幌市内の路上を歩いていた時、急性の心臓疾患で突然倒れられたのだそうです。

 ハロードライバー ベストテンほっかいどう が、そのシステムにおいて 史上最強のラジオチャート番組であると、このブログでも書きましたが「HBC ベスト100 マラソンランキング」は、ベストテンほっかいどうで成功したHBCラジオが、さらに独創を進めて開発した、音楽ヒットチャート番組の完成形だと、私は思っています。

 「HBC ベスト100 マラソンランキング」は毎日 100位まで発表しますが、レコード売り上げや有線放送の外部データは 加えません。総て番組への葉書・電話リクエストだけで順位を決定します。そして新譜だけでなく懐かしの曲や洋楽も総て受け付けて ランキングの対象とし、1位から 100位まで毎日決定するのが最大の特徴です。

 シーズン毎に番組開始時刻などは異なりますが、番組冒頭でリスナーからの電話に応じるオペレータールームの生音声が流れます。当時HBCラジオには、10台の専用電話があり、ベストテンほっかいどう では リクエスト と ランキングシャウト、ベスト100 マラソンランキングでは、リクエスト と 最終1位・2位の予想クイズの応募を受け付けていました。

 その生音声がラジオから流れた後、アシスタントの ケロコ伊藤さんの明るい声で「HBC ベスト100 マラソンランキング!ジャンボさん。午後 6時50分現在のランキングは!」とコールします。すかさずジャンボ秀克氏が「はいはい。1位・・。2位・・。」と 1位から 100位まで全く淀みなく読み上げます。ここから番組オープニングに入るのです。

 番組では 先程読み上げた、午後 6時50分現在の中間ランキングを、改めて100位から順々に、現在の電話リクエストの状況を交えながら紹介します。例えば「85位。・・は、7つ上がって現在 78位です。リクエストは 小樽の・・さん。」と、初登場曲 や 上昇曲を中心にオンエアーしていきます。この臨場感は、音楽番組というより 株式市況実況に類するかも知れません。

 上位曲まで来ると、電話リクエスト受付終了のコールがありCMが流れます。そして最終トータルランキングとして 100位から 4位まで、今度は カウントダウンで、ジャンボ秀克 さんが 一気に読み上げます。そして今日のベスト3を 曲のオンエアーと共に紹介します。最終トータルランキングには、当日のリクエスト動向が総て反映されています。

 パソコンで順位集計する事が、まだ出来なかった時代です。HBC ベスト100 マラソンランキング のスタジオには、1位から 100位までの大きなランキングボードが設置され、曲目が手書きされた板が 100枚貼ってあり、電話リクエストの状況によって板を変動させ、ジャンボ秀克 さんは、このボードを毎日 往復で読み上げていました。

 ジャンボ秀克 さんは、1973年から 10年間に渡り、アナウンサー以上の技量が要求される 100位までのランキング読みを往復 200曲。月曜から金曜までの毎日行っていました。放送史的にも日本のラジオ番組におけるベスト100の元祖は、クリスペプラーでなく(笑)HBC北海道放送に在していた ジャンボ秀克 さんだったのです。

 ナイターオフになる10月の番組開始時は、リスナーサービスとして「500曲の曲目表」を希望者にプレゼント。私も返信用切手を送って曲目表を頂いた事があります。この500曲の曲目表は、リクエストの参考資料に、そしてベスト100のベースになります。3月末でお別れとなる最終回では、そのシーズンの総トータルベスト100も発表されていました。

 私が忘れられないのは、ささきいさお の「宇宙戦艦ヤマト」が 1位を続けていたことです。宇宙戦艦ヤマト の主題歌が何人かのリクエストで 100位内に入って評判を呼び、HBCラジオが 夜間は 全国で聴取出来る事から、一気にリクエストを集めて 1位を獲得したのです。その後に「宇宙戦艦ヤマト」のアニメとしてのブームがやってきました。

 音楽チャート番組が衰退していく今「HBC ベスト100 マラソンランキング」のシステムは、現代に通用するものがあると思います。あまりにも急逝の時期が重なっている Mr.デーブマン と ジャンボ秀克 さん。もし二人が天国で ベストテンほっかいどう と HBC ベスト100 マラソンランキングを始めているとしたら、リスナーとして こんなに救われる事はありません。

 「くるくる変わるランキング。どうやら今日の最終トータルがでたようです。ジャンボ さんランキングをどうぞ!」。「はいはい。100位、学生街の喫茶店。99位、ロング アンド ワイニングロード。98位、四季の歌。97位、パールカラーにゆれて。96位、針葉樹。95位、僕にまかせてください。94位、ラブ イズ ブラインド。93位、襟裳岬。92位、雨の物語。91位、あの日にかえりたい。90位、・・・」。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2014年05月02日 の週間選曲リストと『 HBC ベスト100 マラソンランキング 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。