FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第191回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK教育・教養番組「知るを楽しむ ~ 私のこだわり人物伝」テーマ音楽 [中村幸代]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    GARNET CROW「まぼろし」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・科捜研の女」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    “YOUR OWN EDEN”シンフォニック・イントロダクション [中谷靖]
    資生堂 テレビCM音楽

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    柴田淳「紅蓮の月」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「美しい罠」主題歌
    ♪1位 3週、登場11週。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「プロフェッショナル ~ 仕事の流儀」演出効果音楽 [村井秀清]


 竹中平蔵 総務大臣の私的懇談会である、放送と通信に関する懇談会は、2011年までに NHK 3波(BSから 2波 プラスFM)の減波を方針として決定。竹中 総務大臣に、その方針を盛り込み最終報告しました。現実味を帯びた「NHK-FM」の減波問題でしたが、総務省と自民党の折衝で、結局 減波は見送りとなりました。

 私は、NHK-FMを完全に減波するなど、不可能に近いと考えていました。全国を網羅している送信所・中継局を一斉に停波させて、保守管理を打ち切る事は あり得ません。例えNHK-FMが独自編成を止めても、ラジオ第1放送のFM中継所として、全国のNHK-FM送信・中継施設は、残る可能性が高かったのです。

 国内の少子高齢化は、絶対的にラジオリスナー そして音楽ユーザーのコア(核)層の世代が高くなる事を意味します。民放FM局に代替できると断じられてしまったNHK-FMの番組編成も、その見極めの甘さに起因しているのです。しかし、NHK-FMの減波問題が、いつまたクローズ アップされるかは 不透明です。

 アナログラジオにおける音楽放送とは何か? その意味と存在理由が、今後も問われ続けると思います。FM長野の開局以前から、NHK-FMを聴き続けている私としては、クラシック音楽放送を中心とする編成を維持し、オンエアー曲は総て完奏する本来の姿に、NHK-FMは 帰結して欲しいと願っています。

 最近“last fm”というネトラジが 話題になっています。リスナーの音楽嗜好を調べ尽くして、個人の好みに合わせた選曲で、ストリーミング配信するインターネットラジオ(形態はSNS)です。英国で普及し日本へ上陸してきました。“last fm”の意味は、貴方に必要な最後のFM局という事らしく、まさに恐るべきネーミングです(笑)。

 私が注目しているのは、個人ごとの選曲嗜好により「チャート」を発表できる点です。しかも週間順位から 年間順位まで、カスタマイズは自由自在。その チャート を、自分のサイトやブログにパーツとして貼る事も可能。このブログの「週間選曲リスト」に 近いものがあります。インターネットの普及で、音楽情報や評論の発信が、個人でも簡単に出来る様になりました。

 今までメディアしか出来なかった、音楽チャートの発信も可能な時代を迎えています。どうしても音楽チャートというのは 新譜のみが対象で 、M1・F1層の音楽販売動向を測るモノサシと決めがちです。しかし、インターネットの時代には、新譜・旧譜 区別なく多種多様な順位を発表し、個人の音楽評論やセンスも、その順位で表現していくスタンスが存在し得るのです。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、10日に 4万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとう ございます。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2006年09月15日 の週間選曲リスト と『 新譜だけが音楽チャートの対象か? 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。