FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第613回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    家入レオ“Silly”
    SBC TBS・金曜ドラマ「Nのために」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    鈴木常吉「思ひで」
    SBC MBS・ドラマ「深夜食堂3」オープニング曲
    ♪MBS・TBSなどで先行放送している。

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NBS フジ・ドラマ「すべてがFになる」劇中効果音楽 [川井憲次]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「Nのために」劇中効果音楽 [横山克]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    柴田淳「車窓」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌


 大晦日 放送される「第65回 NHK紅白歌合戦」の出場歌手が決定しました。HKT48・MAY J・薬師丸ひろ子・SEKAI NO OWARI・V6 の初出場が発表になっています。最多出場は 森進一の 47回です。

 今回の「紅白」司会は、紅組・吉高由里子(初) 白組・嵐(5回目) 総合司会・有働由美子 アナ(3回目)。紅組司会は 朝ドラ ヒロインからの登用。出場歌手は 51組、初出場が 4組減の 5組。職員アナ登竜門のラジオ実況アナは、青井実 アナ と 首藤奈知子 アナが担当します。なお連続・常連出場からの「落選組」は、浜崎あゆみ、ゆず、コブクロなど となっています。

 昨年 紅組へ転籍した(笑)「AAA トリプルエー」は また白組へ戻りました。さらに今年も紅 27組に対して白 24組とアンバランスになっており、サプライズ出場の噂が流れています。このブログの2014 年頭日記でも絶賛した、昨年の紅白「あまちゃん第157回」の様な優れた企画が出ればいいのですが、今年は難しいかも知れません。

 それとあえてタブーともいえる心配を書いてみます。今年の紅白もニュースで 5分間の中断がありますが、午後 7時15分から 11時45分まで 4時間30分にも及ぶ長時間生放送です。それも秒刻みの演出で、ぎっちり構成を固めています。もし紅白生放送中に、緊急地震速報や震度6弱以上の大地震が発生したら どうなるのでしょうか?

 緊急地震速報ではラジオ中継が中断します。震度 6弱以上の大地震の場合チャイム入り地震速報が開始され、テレビ・ラジオの中継全てが中断します。津波警報などの緊急警報放送も同等です。大晦日の夜でも緊急報道に例外はありません。現に紅白歌合戦生放送の最中に震度 3の地震があり、地震情報のテロップが流れた事があります。

 日本列島の地震活動が活発化している昨今、大晦日の夜だからと言って、天変が来ない保証など皆無です。もしX-DAYがやってくれば、それこそ紅白歌合戦存亡の危機です。一分の隙もなく過剰にショーアップするのではなく、昔の様に紅白を午後 9時から 11時45分までとし、放送時間 と 出場歌手を絞ったほうが私は良いと思います。

 今年も視聴者審査員実施と発表がありましたが、なんと今年は デジタルTVとワンセグからの当日参加のみ受け付け、携帯・スマートフォンからの視聴者審査員募集は取りやめる事になり、審査員という概念が無くなってしまいました。このブログの年頭日記でも、紅白審査結果の分析を書いていますが、携帯・スマートフォンは、白組の大票田です(笑)。

 視聴者審査員制度が本格化した ここ8年間では、3年前の第62回以外全て白組が優勝している、融通が効かない(笑)大味な結果が続いています。デジタルTVとワンセグのみとなると、必ず紅白を視聴してないと投票できません。今回は、視聴者審査員の得票状況を最終の紅白勝敗決定へ どのように反映させるのか解りませんが、その勝敗の行方に注目しています

 私も 2007年から視聴者審査員に参加しており、システム崩壊防止のため(笑)全部紅組に投票しています。今年もデジタルTVで視聴者審査員に参加するつもりです。そして毎年断言していますが(笑)紅白 から ゆく年くる年 へ大晦日 午後 11時45分ジャストに起こる急激な「ギャップ」が大好きな私にとって、NHK紅白歌合戦は、大晦日に不可欠な番組なのです。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2014年12月12日 の週間選曲リスト と『 第65回 NHK紅白歌合戦 出場歌手 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。