FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第768回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    凛として時雨“DIE meets HARD”
    BS JAPAN・ドラマ24「下北沢ダイハード」オープニング テーマ曲

  2. 第 2 位 ( △ )
    NBS 東海テレビ・オトナの土ドラ「オーファン・ブラック ~ 七つの遺伝子」劇中効果音楽 [fox capture plan]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    Anly“Venus”
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌
    ♪1位 3週、登場 9週。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「This is Us 36歳、これから」クレジット音楽 [Siddhartha Khosia]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    The Lumineers“Scotland”
    NHK BSプレミアム・外国テレビドラマ「クイーン・メアリー ~ 愛と欲望の迷宮」テーマ曲


 9月末から始めていたDVD-RAMのリッピング作業が完了しました。DVD-RAMのテレビ録画ファイルは、汎用の効く mp4 に変換する事が出来ました。32枚のDVD-RAMに入っていた動画ファイルは、386のmp4ファイルに分割しました。これを 32GBのUSBメモリー 1本で本保存。そして 16GBのUSBメモリー 2本にバックアップ保存しました。

 あれだけあったDVD-RAMの束が、小さなUSBメモリー 3本に収まってしまい感慨無量です。但しDVD-RAMに入っていた動画ファイルを、全てmp4化したのではありません。リッピングしたのは約 9割です。今回のDVD-RAMは廃棄せず、ブックタイプのDVDケースで保存していく事にしました。なんと 240枚のDVDを保存する事が出来ます。

 このブックタイプのDVDケースは、個別ケースでなく、DVDを袋で包んでしまうような形態ですが、その袋が不織布になっておりディスクを傷つける事はなく 長期保存に適しています。ですからリッピングするほどではない一部の録画は、そのままDVD-RAMに残しています。今回使用したリッピングソフトも、念のため別途のDVDに入れて保存していく事にしました。

 この考え方を、来年以降に始める全テレビ録画・ラジオ録音ファイルのUSBメモリーによる統合管理でも踏襲していくつもりです。DVD-Rで保存しているテレビ番組の動画は、全く無圧縮のmpegファイルで、300枚以上に及びます。所有DVDを、そのままUSBメモリー や 外付けHDDに移すと、余裕を持たせれば 2TB近く必要だと当初考えていました。

 今回 32枚のDVD-RAMをリッピングしましたが、殆ど画質変化なく適正なサイズ調整によって、リッピングした動画総てが 32GBのUSBメモリーに収まってしまいました。この試算でいくと、ドラマ全話録画などをDVDに残す選択をすれば、mp4ファイルへの変換保管は 、現在普及している 128GBのUSBメモリー 1本でも統合管理が可能だと解りました。

 それでも ラジオ録音と テレビ録画は、別のUSBメモリーにするとか 分散は必要かも知れません。リッピングが完了し、再生不能だったDVD-RAMの中の録画が、視聴できる様になりました。故障したDVD-RAMが再生可能なプレイヤーは、都市鉱山の一環でリサイクルに出しました。今年 2017年は、DVD-RAMの呪縛(笑)から解放された 1年でした。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2017年12月22日 の週間選曲リスト と『 DVDーRAMのリッピング作業完了 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。