FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第305回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    平原綾香「ノクターン」
    NBS フジ・木曜劇場「風のガーデン」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    福原美穂「優しい赤」

  3. 第 3 位 ( △ )
    AC/DC“Rock’N’ Roll Train”

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    GIRL NEXT DOOR「情熱の代償」
    abn ABC・ドラマ「ギラギラ」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    しおり「永遠」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌
    ♪旋律やアレンジ イメージは温い感じだが、ドラマのラストシーンとフィットする。


 フジテレビ開局 50周年記念ドラマになる木曜劇場「風のガーデン」は、やはりテレビ史に残る作品です。脚本は倉本聰 書き下ろし。「北の国から」「優しい時間」に続く富良野三部作・最終章という位置付けが、この「風のガーデン」に与えられています。ただこの作品 初回放送前に、レギュラー出演者である緒形拳 氏が急逝してしまいました。

 「風のガーデン」は、放送が 木曜 22時からの木曜劇場枠です。長年 倉本とコンビを組んで来た統括プロデュース(制作総指揮)に 中村敏夫。そして全話の演出は、倉本聰と佳きライバル関係にあった脚本家・山田太一の実娘である、宮本理江子 フジテレビ ディレクターが担当しています。舞台は、倉本のホームタウンである北海道 富良野市です。

 末期癌に冒されている主役の麻酔科医・白鳥貞美に 中井貴一。息子の不行跡を叱責し絶縁関係になっている、富良野の開業医の父・白鳥貞三が 緒形拳。知恵遅れの息子・白鳥岳に 神木隆之介が配役されています。麻酔を担当した末期癌患者の二神達也(奥田瑛二)からプレゼントされた、最新医療設備搭載のキャンピングカーに乗って貞美は、故郷の富良野へ向かいます。

 貞美が富良野へ向かった理由は、最期の夏を潜やかに過ごすためでした。しかし、富良野では知人 友人そして 父親に存在を知られていきます。深夜に密かに訪ねたキャンピングカーで、医療器具や投薬の跡から息子の末期癌に気付き、声なき慟哭をする父親の姿が映し出された第8話「フロックス」ラストシーンは、国民俳優・緒形拳の魂を賭けた凄絶な演技でした。

 父親役の緒形拳 氏は、自身が肝臓癌という厳しい状態での撮影でした。クランクアップ直後から病状が進行し、今年10月に他界しました。「富良野 三部作・最終章」という倉本聰 自身のシナリオ設定に、更に超越した意味合いを、緒形拳 氏は刻み込んでいます。もし同じ病床の立場にあって、この父親の役を演じ切れる俳優は、他に存在するでしょうか?

 以前 同じ木曜劇場の「Dr.コトー診療所2006」では、島の進行胃癌患者・坂野ゆかり(桜井幸子)が、奇跡の回復をするストーリーを軸に据えていました。ストーリーには ちょっと唐突な飛躍感がありましたが、難病に苦しむ視聴者の間へ勇気を与えています。しかし、今回の「風のガーデン」は、テーマが異なります。覚悟して視聴しなければならない様です。

 主役を演じる中井貴一も、肉親の早逝を経験している俳優です。中井貴一の実父である名優・佐田啓二は、37才の若さで亡くなっています。「風のガーデン」は、国民俳優・緒形拳 氏の敢然たる遺作として、末期医療 そして 地域医療のあるべき姿は何か? 富良野の美しい花々と共に問いかける大切なドラマとなりそうです。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2008年12月05日 の週間選曲リスト と『 風のガーデン 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。