FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第239回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    浜崎あゆみ“fated”

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Swing Out Sister“Secret Love”
    花王化粧品 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    FLOW“Answer”
    TSB 日テレ・ドラマ「探偵学園Q」オープニング テーマ曲

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]
    ♪多様なアレンジに対応できる深みのある旋律。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    ナナムジカ「彼方」
    abn テレ朝・金曜ドラマ「女帝」主題歌


 遂に「あの人」が出てきました。まるで別の声優が吹き替えた如くです(笑)。「風林火山」の長尾景虎(上杉謙信)役・Gacktは、どこのアクターズ スクールへ通ったのか? 調べたくなるほど(笑)演技・発声ともに大河ドラマへ溶け込んでいました。

 そしてガクト謙信のフル登場に合わせて、トメが 板垣信方 役の千葉真一から、宇佐美定満 役の名優・緒形拳に代わっています。

 テレビで緒形拳の芝居を視ると、私が注目するのは「まばたき」です。普通俳優達は、それが芝居の基本かの様に極力 まばたき をせず演技をします。ところが緒形拳は、非常に まばたき の多い俳優です。

 演技のリズムと違った自然なリズムで まばたき をします。そして その2つのリズムが一致した時、凄まじい存在感を醸し出すのです。ちょっと他の俳優には真似出来ない芸当です。

 緒形拳は、新しい国劇を目指す劇団・新国劇の一員として、1958年に入団しました。上演では悪役を演じる事が多かったのですが頭角を現し、1965年の大河ドラマ「太閤記」で主役・豊臣秀吉 役に抜擢されました。そして翌1966年の大河ドラマ「義経」でも弁慶 役を演ずるなど、以降現在まで9作に出演し、NHK大河ドラマを最も代表する俳優のひとりです。

 新国劇出身からシリアスな芝居が得意というだけではなく、実にコミカルな演技も見事にこなし、1979年の日テレ グランド劇場「ちょっとマイウェイ」のチーフコック 堀田康吉 は、私個人として大好きな役です。

 「風林火山」トメGの抜擢傾向は続いており、テレビドラマでは渋い脇役が光る同じく新国劇出身の 木村元や、シェークスピア劇の舞台俳優として高い実績がある 吉田鋼太郎が、トメG入りを果たしました。先日 長野市郊外で「川中島の戦い」の大規模ロケが終了。いよいよ大詰めです。

 NHK大河ドラマ「風林火山」8月19日 放送・第33回「勘助捕らわる」タイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 内野聖陽 / ○ 市川亀治郎 / ○ ガクト(Gackt)/ △ 池脇千鶴 / △ 金田明夫 → 金田賢一 → 有薗芳記 → △ 嘉島典俊 / △ 西田尚美 → △ 大森暁美 / △ 柴本幸 / ○ 西岡徳馬 / ○ 加藤武 / ○ 木村元 → △ 大橋吾郎 → ○ 吉田鋼太郎 / ○ 風吹ジュン / ◎ 緒形拳 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは独自な格付けをしています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2007年08月24日 の週間選曲リスト と『 風林火山 緒形拳 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。