FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第240回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    Swing Out Sister“Secret Love”
    花王化粧品 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    浜崎あゆみ“fated”

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    FLOW“Answer”
    TSB 日テレ・ドラマ「探偵学園Q」オープニング テーマ曲

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    James Blunt“1973”
    ♪メロウなSSWは まさにAORな佳曲。


 27日に 安倍改造内閣が発足しました。

 午後4時7分に、明治の女流歌人・与謝野晶子の実孫にあたる与謝野馨 内閣官房長官が閣僚名簿を発表しました。NHK総合・民放テレビ4局が生中継しています。

 新閣僚の顔ぶれを見ると、外務大臣・防衛大臣・文部科学大臣に派閥の会長、そして厚生労働大臣は あの舛添要一 氏を布陣しました。

 また総務大臣に、小沢一郎 民主党代表の地元アンチである増田寛也 前岩手県知事。法務大臣は、鳩山由紀夫 民主党幹事長の実弟である鳩山邦夫 氏を起用。民主党を相当強く意識した内閣だと思いました。

 内閣総理大臣臨時代理 就任予定者の指定順位は、1位・与謝野馨 内閣官房長官、2位・高村正彦 防衛大臣、3位・鳩山邦夫 法務大臣、4位・町村信孝 外務大臣、5位・伊吹文明 文部科学大臣 となっています。

 それにしても新閣僚候補の身辺調査を、知る人ぞ知る国家情報機関である「内閣情報調査室」が担当したとのNHK記者解説に、そこまでするのかと私は正直驚きました。

 内閣情報調査室は、内閣の重要政策に関する情報の収集及び分析を担当しています。オフィシャルな表現をしましたが(笑)わが国における最高水準の国家情報機関です。そして諜報という語彙は避けていますが(笑)偵察衛星を管理する内閣衛星情報センターも、この内閣情報調査室の管轄下です。

 今は無くなりましたが、NHK(日本放送協会)には、外国放送受信部というセクションがありました。モスクワ放送・北京放送・平壌放送など共産圏の放送を最新鋭の設備で受信し、内容を外報部へ速報リポートするのが業務です。

 1970年代のNHKニュースでは、旧ソ連や中国の報道をする際に「モスクワ放送によりますと」などのクレジットがつく事が多かったのです。そのニュース原稿の元は、この外国放送受信部でした。

 そしてこの外国放送受信部は、公共放送NHKの組織でありながら、実は内閣情報調査室と密接な関係にあった事は、いまや広く知るところです。1961年の段階で既に国会答弁として、その事実関係が議事録に残っています。

 私は放送史の文献を相当読み込みましたが、その中で大変興味を惹かれたのは、1964年の新潟地震の時、通信遮断に近い状態だったため、外国放送受信部が共産圏諸国の放送でなく、JOQK新潟放送局の電波を傍受して、災害情報の把握に努めていた事実です。外国放送受信部の役割が端的に示されていると思いました。

 そのNHKですが、今回も組閣恒例の「テント村」からの中継がありませんでした。登坂淳一 アナが、全てスタジオから組閣情報を伝えていました。どうも「テント村」中継は廃止になった様です。長く続いた名物中継が消え 少し残念です。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2007年08月31日 の週間選曲リストと『 安倍内閣改造 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。