FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第241回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    FLOW“Answer”
    TSB 日テレ・ドラマ「探偵学園Q」オープニング テーマ曲

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    Swing Out Sister“Secret Love”
    花王化粧品 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( △ )
    James Blunt“1973”

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    浜崎あゆみ“fated”
    ♪1位 2週、登場 6週。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]


 小学生の頃、極力視ない様にしていたテレビ番組がありました(笑)。日曜お昼過ぎに 上方漫才師の若井はんじ・けんじ が司会をしていたNETテレビ(現・テレビ朝日)の「ダイビングクイズ」という番組です。

 とにかく2人の解答者が巨大すべり台に乗せられ、不正解だと少しずつ すべり台が傾斜。解答者が限界になると、風船の海へ叩き落とされる とんでもないクイズ番組でした(笑)。

 しかも勝ち抜いてチャンピオンになっても「勝利のダイビング」と称して、やはり叩き落とされるのですから救いようがありません。怖くて視られなかったのです(笑)。

 ダイビングクイズ終了が 1974年。次の次、1975年に始まったのが「東リ・パネルクイズ・アタック25」。現在も放送中で33年目に入りました。変形オセロとクイズを合体させた この番組は、33年間ルールを変える事なく続いています。

 音楽担当は、私が最も尊敬する音楽家・山下穀雄 氏です。山下 氏が制作したテーマ曲・効果音楽を、開始当初から そのまま使用し続けています。昔はタイトルバックと共にテーマ曲が、フルで毎回流れていました。現在ではラストにサワリが流れるだけとなっています。

 また1社スポンサーだった東リも、一時期クイズのパネルに模した画期的な(笑)カーペットを発売していましたが、5年前にスポンサーを降板。そして この春から共同提供の1社として また復活しました。スポンサーが行ったり来たりするのも、番組の歴史の長さを象徴しています。

 山下 氏が制作したアタック25の効果音楽の中で最も素晴らしいのは、あの児玉 氏が「絵当て」と称する海外旅行を賭けたVTR出題の際に流れる音楽です。

 シンバルで時間経過を表現していますが、ボンゴをベースにしたリズムは、まさしくモダンジャズです。そのジャジーなリズムから、ラストの緊迫感を含んだファンファーレへ一気に転調させる調性は、1万回の放送使用にも耐え得る、天才音楽家・山下穀雄の傑作のひとつに数えられます。

 33年間に渡り司会を続けている児玉清 氏の頭脳には、何十年前からパネルのベストな取り方が刷り込まれており、ここ数年は立ち姿で正解判定のブザーまで仕切っています。

 6代目のアシスタントは 沢木美佳子さん。司会の児玉 氏へ時折 妙な流し目をするのが気になるものの(笑)VTR出題不正解でエンディングとなる時、解答者にお辞儀をするのは実に好感が持てます。

 東リが抜けて「パネルクイズ・アタック25」になりましたが、制作している大阪・ABC朝日放送には、これからもスタイル不変のまま放送を続けて欲しいと念願しています。


(追記) 2011年 4月10日を以って、司会者の児玉清 氏は体調不良で休養に入り、5月16日に逝去されました。


 5日に このブログが、Googleのディレクトリに正式登録されました。

 登録カテゴリは、dmozと同じ、Top > World > Japanese > アート > ラジオ > 番組 > 音楽 です。ありがとう ございました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2007年09月07日 の週間選曲リストと『 東リ・パネルクイズ・アタック25 と ダイビングクイズ 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。