FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第297回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    樋口了一「1/6の夢旅人2002」
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」エンディング テーマ

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    映画「ガメラ大怪獣空中決戦」サウンドトラック楽曲「ギャオス逃げ去る」 [大谷幸]
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」予告使用音楽

  3. 第 3 位 ( ★ )
    平原綾香「ノクターン」
    NBS フジ・木曜劇場「風のガーデン」主題歌
    ♪ショパンからスタンダードジャズのコードを想起させる秀逸曲。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    いきものがかり「ブルーバード」
    SBC テレ東・アニメ「NARUTO疾風伝」オープニング テーマ

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「痛快!河内山宗俊」テーマ音楽 [青山八郎]


 7日に スウェーデン王立科学アカデミーは、今年のノーベル物理学賞を、南部陽一郎 シカゴ大学名誉教授、小林誠 日本学術振興会理事、益川敏英 京都産業大学教授ら 3氏に授与すると発表しました。

 翌8日には、ノーベル化学賞を、下村脩 ボストン大学名誉教授へ授与すると発表しています。日本人受賞は 6年ぶり、しかも一挙4名となります。

 NHKは、7日 午後7時19分にニュース7の中で、武田真一 アナが物理学賞 3名受賞の第1報。第1報から29秒遅れでNHKニュース速報(電子チャイムなし)のテロップが流れました。7時の基幹ニュース内でニュース速報が遅れて流れる珍しい形態です。

 4名の中で際立ったのは、益川教授の受賞直後の言動でした。

 第1声は「たいして嬉しくない」(笑)。ニュース9の生放送インタビューでは、同時受賞した小林 先生の目が据わってくるほどノーベル賞自体に皮肉を連発。ところが翌日になると、嬉しさのあまり今度は号泣(笑)してしまいます。

 益川 教授は、NHKが受賞ニュース用の資料映像をキープしているほど、長年候補に のぼっていました。本人も ちゃんと事前撮影に協力しているのですが(笑)どうも有名な臍曲がりの教授らしく、待ちくたびれていた所へ突然の受賞で、あんなパフォーマンスとなってしまった様です。

 ノーベル賞の物理学・医学・化学部門は、本当に業績として確定しているかどうか? 石橋を叩いて渡る慎重な審査があります。それが遅滞の原因になっている様です。それでも我が国から 4名も受賞者が出た事は大変な快挙です。

 ノーベル物理学賞・化学賞、本当に おめでとう ございます。


 実は地元・信州大学工学部(長野市)にも おひとり、ノーベル賞有力候補の教授が おられます。しかし、今年も見送りとなりました。

 その信州大学の本部は、ここ松本市にあります。松本も すっかり秋めいてきました。

 長年住んでいた長野より さらに冷えると、さんざん聞かされた我が家は、真夏にスノトレを貯まったショッピングポイントで交換(笑)。早過ぎるほど早くから冬支度を始めていました。

 そして今週、遂に「オイルヒーター」を購入。断熱効率のいいマンションにすがって(笑)灯油は使わず冬を越そうと決心しました。

 即暖をエアコンに任せて、暖かさのキープはオイルヒーター。何かあったらコタツへ潜る(笑)作戦です。そのコタツも新しく家具調にしています。

 オイルヒーターは、電気コストという難点もありますが、パワー調整スイッチにサーモスタット付きを購入しています。オンオフを こまめに自動で切り替えながら、電気代を節約するつもりです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2008年10月10日 の週間選曲リストと『 2008年 ノーベル物理学賞・化学賞 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。