FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第176回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ナナムジカ「僕達の舞台」
    SBC TBS・ナショナル劇場「特命!刑事どん亀」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    伴都美子「鵺の鳴く夜」
    NHK総合・木曜時代劇「柳生十兵衛七番勝負 島原の乱」主題歌
    ♪1位 6週、登場 9週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    宇多田ヒカル“THIS IS LOVE”
    日清食品 テレビCMソング
    ♪強烈なドライブと転調でも全く崩れない調性が維持された楽曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    つきよみ「涙ひとつぶ」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「京都地検の女」主題歌


 最近BBCラジオ第4放送(BBC Radio 4)を聴く機会がありました。イギリス本国で聴いたのではありません(笑)。BBCラジオのインターネット中継をPC経由で聴いてみました。

 英国の公共放送BBCには、基本的に地上波ラジオが4波あり、第1放送は CHRやワイド番組中心の生編成。第2放送は 高範囲のジャンルや世代をカバーする音楽放送。第3放送は クラシック音楽や学校教育放送が中心です。

 そして第4放送は、戦前から続いていた旧第1放送をそのままに、伝統あるBBCラジオのスタイルが踏襲された編成となっています。

 平日夜 就寝前のひとときに名作を朗読する“Book at Bedtime”や、日曜朝に国内の教会を ひとつずつ紹介しながら鐘の音を そのまま放送する“Bells on Sunday”など、第4放送では 古き良きBBCラジオ番組を聴く事ができます。

 私としては、このBBCラジオ第4放送(BBC Radio 4)こそ、第1放送に値すると思っています。CHRのBBC Radio 1よりも、総合放送波であるRadio 4のほうが、全英の聴取者総数を上回っている実態もあるのです。

 日本のNHKは 夜7時のニュースが基幹ニュースですが、英国BBCの場合では 夕方6時となります。その伝統あるラジオニュース番組“Six o’clock News”も聴きました。

 ただBBCの非常に予報音が長い 6点時報の後、いきなり30分間シンプルなラジオニュースが続きました。なによりも“Six o’clock News”ではなく“BBC Radio 4 News”とタイトルコールをしていたのが少し残念でした。

 実はBBCに倣って、NHKにも1950年代後半「ラジオ第3放送」構想がありました。結局その構想は NHK-FM放送へと変遷していきます。

 BBCの機械的な時報を聴くと、NHK(4点時報)やFM長野(1点時報)など、日本のラジオ局のラ単音を中心とした「ポーン」という正報音は、世界的にも余韻に音楽的効果のある独特な時報音だと改めて再発見した次第です。


(追記) “Six o’clock News”は、オープニングにビックベンの鐘の音を流す様になりました。これは午前0時の“Midnight News”と同じスタイルのオープニングです。大変美しく味があります。 週間放送視聴日記(2012年 7月13日)では、BBCニュース番組のテーマ音楽を掲載しました。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2006年06月02日 の週間選曲リスト と『 BBC radio 4 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。