FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第473回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・ドラマ「ストロベリーナイト」劇中効果音楽 [林ゆうき]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]

  3. 第 3 位 ( △ )
    CS ファミリー劇場・ドラマ「警視庁鑑識班」テーマ音楽 [川村栄二]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    絢香“The beginning”
    横浜ゴム テレビCMソング
    ♪実に美しいCMにマッチしたサビ部の転調が効く佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Adele“Rolling In The Deep”


 今週で週間選曲リストは、473週目となります。「第500回記念 全期間ランキング」( All-Time Ranking )まで、あと 27週となりました。早いもので、昨年の 10月に 1年前予告をしましたら、あっと言う間に もう半年前予告です(笑)。初めての全期間ランキング公開が、だんだんと近づいてきました。

 約 10年分の週間選曲リストを総合する全期間ランキングでも 順位の公開は 5位まで。500週間の結果を、僅か 5曲だけの選曲と順位で凝縮し、週間選曲リストのポリシーを究極の形で、この全期間ランキングによって表現します。それを可能にするためルールには、特別な工夫をしてあります。詳しくは「全期間ランキング要項」を、お読み頂ければと思います。

 通常この様な全期間ランキングは、100位とか 200位とか、深い順位まで発表するのが常ですが、長年の音楽チャート研究から、その深い順位までの発表に疑問を持っていました。全期間ランキングにしても、年間ランキングにしても、レギュラーのランキング発表の範囲で、総てを表現するのが筋です。

 集計・発表をしている方は、その作業と深い順位まで発表したという自負で、満足を得られるかも知れませんが、読む方には その満足が伝わりません。特にインターネットでの視認可能範囲を考えると、レギュラーの発表順位である 5位までに留めるべきです。下位まで順位を発表する行為よりも、順位が付くか付かないかの差異が、音楽チャートとして重要なのです。

 第 1回ランキングからのデータベースは、既に運用されています。データベースには、全期間ランキングの選曲条件を満たした楽曲の累積資料が詳細にまとめられています。全期間ランキングの選曲条件とは、年間ランキングに選曲された楽曲に限ると設定しました。2003年から 2011年までの年間ランキングに選曲された楽曲 45曲が対象となります。

 しかし、今年の年間ランキングは、まだ発表されておりません。最終年に関して、まだ年間ランキングの作成・公開に至らない場合は、5週以上 1位を記録した楽曲を、最終年の年間ランキングに選曲された楽曲とみなす事が出来ます。現在 1曲だけあります。この曲が「第500回記念 全期間ランキング」への最終切符を得ています。

 「第500回記念 全期間ランキング」の発表週は、レギュラーの週間選曲リストが特別にお休みとなります。そして前後の週を含めて連続 3週間に渡り 週間放送視聴日記は、第500回記念 全期間ランキングを 特集します。ブロガーの体調も心配ですが(笑)秋晴れの様な穏やかな 3週間を送れたら良いと願っています。「第500回記念 全期間ランキング」まで、あと半年です。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2012年03月23日 の週間選曲リストと『 第500回記念 全期間ランキングまで あと半年 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。