FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第288回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Mr.Children“HANABI”
    NBS フジ・木曜劇場「コード・ブルー ~ ドクターヘリ 緊急救命」主題歌
    ♪平坦なコード進行に技巧的な和音を多用する少しざらついた和声感。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    いきものがかり「ブルーバード」
    SBC テレ東・アニメ「NARUTO疾風伝」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( △ )
    大小原ユウキ「ごめんね」

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    みつき「夏のモンタージュ」
    SBC TBS・ドラマ30「ナツコイ」主題歌

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    谷村奈南“If I’m not the one”
    abn テレ朝・木曜ドラマ「四つの嘘」主題歌


 8日に「北京夏季オリンピック」が開会しました。

 中華人民共和国では、夏・冬通して初の五輪開催となります。8月8日の現地時間午後8時に始まった開会式には、福田 首相、ブッシュ 米大統領を始め、80ヶ国以上の元首・首脳が列席しています。

 私が開会式を視聴して強く感じたのは、音楽効果のナショナリズムです。特に少女が唄う愛国歌「祖国を讃える歌」と、中国国旗の掲揚時が印象的でした。

 その時 放映された胡錦濤 国家主席らの座るロイヤルボックスに、ひとり ひとり置いてあった飲み物と小さなポットを視て、ふと思い出した事があります。

 文化大革命の頃、最高国家機関である第4期 全国人民代表大会の幹部ヒナ壇にも、ひとりずつ陶器ポットが置かれていたのです。

 議決権行使のため、赤い毛沢東語録を高く掲げる党幹部達の傍らにあった白いポットは、不思議なコントラストでした。

 あれから 40余年。同じ北京で開会した色鮮やかな 第29回 オリンピアード競技大会開会式のロイヤルボックスに、ちょこっと置かれた あの陶器ポットから、近代中国の屈折した歴史の反射を感じました。

 北京との時差は わすが1時間です。隣国での五輪開催にもかかわらず、聖火点火が日付が変わった午前1時04分(笑)。何か曲技団の様な相当な高所からの宙づり場内一周という、非常にリスクの高い聖火点火でした。途中で停まったら、どうするつもりだったのでしょうか?(笑)

 やはり1992年のバルセロナ夏季五輪でのアーチェリー点火が、史上最高の聖火点火だと まだ思っています。スペイン選手団が入場した時、サマランチ 前IOC会長が映りました。お年をとられました、サマランチ 前IOC会長の姿に、元長野市民として感慨無量でした。

 中継を視ていて ちょっと気になったのは、担当した三宅民夫 アナ・青山祐子 アナの「予定稿」(笑)に誤りが多く、やたら訂正していた点でした。開会式中継は、やはりスポーツアナに担当させるべきだと思います。とにかく開会式が無事終了して なによりでした。

 このブログでは独自のスタンスから、選挙開票速報の最終獲得議席数や得票数、NHK大河ドラマの出演俳優クレジット序列などを週間放送視聴日記に掲載してきました。

 オリンピックでの日本選手金メダル獲得は、全員その種目・選手名を、五輪優勝記録として獲得メダル数と共に放送記録します。


(追記) この週間放送視聴日記は、8日 午後11時46分にアップ。翌9日 午前1時18分に加筆修正をしています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2008年08月08日 の週間選曲リストと『 北京夏季オリンピック開会式 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。